イームズ夫妻の生涯辿る展覧会「essential EAMES」公開 イームズカフェも特別営業

写真拡大

 アメリカのデザイナー夫妻チャールズ&レイ・イームズの生涯を辿る展覧会「essential EAMES(エッセンシャル・イームズ)」が12月6日、明日の開幕に先駆けて初公開された。会場は新宿の「リビングデザインセンターOZONE」で、イームズやミッドセンチュリーデザインのこれまでを披露。カフェの椅子を全て「イームズシェルチェア」にしたカフェも、会場に隣接して特別営業する。

イームズ夫妻の生涯辿る展覧会の画像を拡大

 カリフォルニアを皮切りに香港、ジャカルタと巡回して日本に上陸した「essential EAMES」は、夫妻の孫で現イームズオフィス代表のイームズ・デミトリオスが会場を監修。2004年に同氏が執筆した書籍「イームズ入門 ― チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景」をもとに、イームズのデザイン哲学や精神を来場者に伝える。

 会場は12月6日に開かれた内覧会で初公開され、15のテーマに分けられた空間に1940年発表の「オーガニックチェア」からローマ法王のために製造された1990年発表の「イームズエグゼクティブチェア」まで、歴代のイームズ作品が登場。仕事や生活の中から生まれたプロダクトや夫妻の日常を想起させる映像作品など、「20世紀に最も影響を与えたデザイナー」と称されるイームズ夫妻にスポットが当てられた資料も多数展示されている。会期中、レイ・イームズの生誕100周年を記念した書籍「EAMES beautiful details(イームズ ビューティフル・ディテールス)」を「ハーマンミラーストア」と「ザ・コンランショップ 新宿本店」で限定販売。また、会場隣の「ザ・コンランショップカフェ」は期間限定で「イームズカフェ」として営業し、「イームズラウンジチェア」や「イームズハウスバード」のグラフィックをシュガーパウダーであしらったメニューを特別に提供する。会期は2013年1月15日まで。

■essential EAMES
 会期:2012年12月7日(金)〜2013年1月15日(火)
 時間:10:30〜19:00 ※水曜休館(祝日を除く)、12月26日〜1月3日冬期休館
 会場:リビングデザインセンターOZONE(3F OZONEプラザ)
 住所:東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
 TEL:03-5322-6500
 入場料:無料

■トークセッション
 ?「永遠のデザイナー、チャールズ&レイ・イームズの現在性」
 ゲスト:イームズ・デミトリオス、柳本浩市(Glyph.代表)、加藤孝司(デザインジャーナリスト)
 日時:2012年12月7日(金)19:00〜20:30
 会場:ハーマンミラーストア
 住所:東京都千代田区丸の内2-1-1

 ?「コラボレーション・イームズ ― チャールズ&レイ・イームズが考えたことをめぐって」
 ゲスト:中原慎一郎(ランドスケーププロダクツ代表)、降旗千賀子(目黒区美術館学芸主査)、太刀川英輔(NOSIGNER代表/「OLIVE PROJECT」代表)、加藤孝司(デザインジャーナリスト)
 日時:2012年12月14日(金)19:00〜20:30
 会場:リビングデザインセンターOZONE(3F OZONEプラザ)
 住所:東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー