コンディション不良で出遅れてしまった藤田(撮影:ALBA)

写真拡大

<タイゴルフチャンピオンシップ 初日◇6日◇アマタスプリングCC(7,453ヤード・パー72)>
 アジアツアー「タイゴルフチャンピオンシップ」が開幕。この大会には国内男子ツアー賞金王の藤田寛之、石川遼、池田勇太、片山晋呉ら12人の日本勢が出場している。
賞金王・藤田寛之は昨年覇者のL・ウェストウッドと同組に
 藤田は4バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの74でラウンド。2オーバー84位タイと出遅れてしまった。体調が万全ではなかった上に、この日の気温は12時時点で32度。気温が高いうちは頭痛、そして国内ツアーでの疲れがでたのか「最後は足が動かなかった」と思うようなプレーが出来なかった。「せっかくウエストウッドと回ってるのにね」と、一流プレーヤーとのラウンドで実力を発揮できなかったことを悔やんだ。「気持ちを切り替えて、決勝ラウンドに残れるようなプレーを」と巻き返しを誓った。
 日本勢の最高位は5アンダーでホールアウトした小林正則。「今日はティショットがフェアウェイキープできたので、その点がスコアに繋がったと思う」と上々のスタート。現在アジアツアーの賞金ランク5位、今週勝てば賞金王を狙える位置につけることができる。「今週か来週勝たないとダメだとは思うけど、今週強い選手がいる中で優勝争いできればいいです。明日も今日と一緒でフェアウェイキープをこころがけたい」、この好発進を栄冠につなげたいところだ。
 池田勇太は上がり2ホールをバーディで締めイーブンパー51位タイ発進。「これで明日も頑張れるかな」と最後に息を吹き返した。パー5でのボギーなどもあり、「もったいないゴルフをしている。明日はそこを気をつけながら回れれば楽にラウンドできる」。生命線のアイアンは好感触、爆発力が魅力の若大将のチャージが明日は見られるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
遼、ハプニングにも負けず21位タイ発進
遼、B・ワトソンと同組に「こいつやるな、と思われるプレーを」
藤田寛之が最優秀選手賞など5冠!新人賞は藤本佳則、遼は6年連続MIP賞
タイ選手権 石川遼の1打速報
来季男子ツアーは25試合キープも国内開催は2試合減