<タイゴルフチャンピオンシップ 初日◇6日◇アマタスプリングCC(7,453ヤード・パー72)>
 アジアツアー「タイゴルフチャンピオンシップ」が開幕。世界ランキングを上げるために今大会に参戦している石川遼は初日3バーディ・1ボギーの70をマーク。首位と5打差の2アンダー21位タイとまずまずのスタートを切った。
初日の全ショットを1打速報でチェック!
 石川はINコースからスタート。序盤チャンスにつけきれず、ねばっこいティフトンのラフにも苦しめられながらパーを重ねる展開に。15番パー5でこの日初のバーディを奪うも、18番ではティショットが深いラフにつかまりセカンドは出すだけ。3打目もピンにつけられずボギーとしイーブンパーで折り返す。
 後半に入ると2番パー5でバーディが先行。続く3番でもピン横1.5メートルにつけ連続バーディを奪うなど、ショットが切れてくる。その後はパーを重ね、7番パー5では2打目がカート道手前の斜面に止まり、このままだとアドレス時に左足がかかるため救済を受けるが、その処置をめぐってテレビのレポーターがプレー中にコンタクトしてくるハプニングに見舞われる。しかし、同組のバッバ・ワトソン(米国)が石川から処置を聞き問題なしと判断。プレーは続行される。このことで多少の動揺があったか、ここではピンチを迎えるが2メートルのパーパットを沈めしのぐと、その後もパーにまとめ初日のプレーを終えた。なお、競技委員にも石川の処置は問題なかったと判断された。
 この日はラフに入れることもあったが、「今までよりもフェアウェイを広く感じる。ドライバーに自信が持てている」とティショットは安定。ショットも後半は切れを取り戻し、あとはパットがかみ合うのを待つのみだ。
 予選ラウンドは今季の「マスターズ」覇者、ワトソンとのペアリング。例年よりも会場のアマタスプリングCCの地面が柔らかく「ドライバーのキャリーで25ヤードから30ヤード違いますね。あんなに飛ぶのに曲がらないのはすごい」とメジャーチャンプの実力に改めて舌を巻いた石川。来年米ツアーに挑む石川にとってはこれもいい刺激。明日もワトソンにくらいつき、さらなる上位進出を狙う。なお、3番で同組のアーノンド・ウォンワニット(タイ)が背筋痛で棄権。明日は2人でのラウンドとなる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>