UIを一新したiOS向け「Gmail」。複数アカウントの管理も容易

写真拡大

グーグル「Gmail」のiOS向け専用アプリは、これまで「使いにくい」などとあまり評判が良くなかった。しかし2012年12月4日、グーグルはアプリの大幅なアップデートを実施、ネット上では歓迎の声が相次いでいる。

マルチアカウント対応などの新機能

大きな変更点としては、複数アカウントの切り替えが可能になった点が挙げられる。Gmailユーザーには仕事・プライベートなどの用途に応じて何種類かのアカウントを使い分けている人も少なくないが、これによっていちいちログアウトすることなく、別のアドレスのメールを確認可能に。

デザイン・ユーザーインターフェースも刷新され、「もっと読み込む」などの操作をしなくても、スクロールだけで自動的に過去のメールを読み込める。簡単な手書き画像を添付できるなど、独自の機能も追加された。

「標準メーラーになりそう」

Gmailは今や世界で最も利用者数が多いフリーメールとしてメ「定番」となっているにもかかわらず、アプリのほうではこれまでなかなか「定番」とはいかなかった。それだけにTwitter(ツイッター)では、

「やっと実装!!これで外からでも会社アカウントで返送が可能に。。。」
「標準メーラーになりそう」
「めちゃくちゃ使いやすい!!てか軽い」

などと今回の更新を喜ぶ人が目立つ。