日本マクドナルドHDの株主優待情報ページ。優待情報が詳しく掲載されている。

写真拡大

 12月の優待銘柄と言えば、まずは日本マクドナルドHD(2702)が挙げられるだろう。『ダイヤモンドZAi』2012年9月号の「株主優待ランキング」では、総合ランキングで堂々の1位に輝いた人気の銘柄だ。

 優待内容は、100株保有で、ハンバーガー類、サイドメニュー、ドリンクの無料引換券が6枚ずつもらえる。しかも6月と12月の年2回実施という点もうれしい。最低投資金額は、22万6700円(11月27日終値で計算)と20万円をやや超えている。

株主限定ビール以外にも選択肢があるアサヒグループHD

 一方、12月の優待銘柄のうち、20万円以下で買える注目銘柄をいくつかピックアップしたのが【表1】だ。この中では、アサヒグループHD(2502)が、マクドナルドと同様に、優待人気が高いことで知られている。

 人気の秘密は、株主限定特製ビールがもらえること。でも、株主限定ビール以外にも、酒類製品詰め合わせ、清涼飲料水・食品商品詰め合わせ、アサヒグループ環境基金「水の惑星」への寄付という全部で4種類の優待品があり、欲しいものを選べるのもポイントと言える。

 このように、優待の選択肢が複数あるという銘柄は実は多い。たとえば、【表1】で取り上げた銘柄では、ダンロップスポーツ(7825)やコカ・コーラウエスト(2579)などでは、自社商品の優待を複数用意しているし、ヒューリック(3003)のようなカタログギフトの優待を実施するところも増えている。

 こうした優待なら、もらう喜びに加えて選ぶ楽しさも味わえる! 優待銘柄をチェックする際には、優待の選択肢の有無についても検討してみるとよいかもしれない。

 もちろん、12月にも使い勝手のよい金券がもらえる優待銘柄は複数ある。こちらは、投資金額が比較的少ないものが多く、しかも優待+配当利回りも4〜5%台と高めなのが魅力だ。【表2】では、12月確定の優待銘柄から、投資金額6万円以内でQUOカードなどがもらえる銘柄をピックアップした。こちらも参考にしてほしい。

 ちなみに、12月の株主優待の権利付最終売買日は25日(火)となる。優待を獲得したい場合は、必ずこの日までに必要な株数を購入しておこう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)