<タイゴルフチャンピオンシップ 初日◇6日◇アマタスプリングCC(7,453ヤード・パー72)>
 アジアツアー「タイゴルフチャンピオンシップ」が本日開幕。イーブンパーで前半を折り返した石川遼は、ロングの2番で3打目を1メートルにつけバーディを奪う。続く3番パー4では2打目を1.5メートルにつけこのホールもバーディとする。その後はチャンスにつけるもパットを決めきれない。それでもきっちりパーセーブを重ね2アンダーで初日を終えた。
 現時点でチャール・シュワーツェル(南アフリカ)が7アンダーで単独首位、白佳和と同組のティティプン・チャイプラコン(タイ)が1打差で単独2位につけている。
 午前組は塚田好宣と上田諭尉がホールアウト。塚田は石川と2アンダーで並び、上田は4オーバーとなっている。藤田、池田ら午後組はこのあと続々スタート予定。

<ゴルフ情報ALBA.Net>