広島県と宮城県が実施した「牡蠣レシピコンテスト」の優秀作品が決定

写真拡大

広島県と宮城県は、12月3日、両県の行政と漁業者が提携したかき消費拡大キャンペーン「わが家のおいしい牡蠣(かき)レシピコンテスト」の結果を発表。

全国から集まった136作品の中から、5つの優秀作品を決定した。

同コンテストは、レシピサイト「クックパッド」で、11月5日から11月19日までレシピを募集。

1次審査では、「牡蠣のおいしさ、風味特徴がいきるか」、「一般家庭で日常的に作れるか」などの基準で17作品を選出し、その中から広島県・宮城県の審査員が投票を行って優秀作品を決定した。

グランプリレシピに選ばれたのは、miyuki12さんの「大根おろし入り牡蠣の南蛮風」。

また、「お手軽ランチ賞」として「牡蠣のチャウダー」(まろんかふぇさん)、「絶品!晩ごはん賞」として「簡単☆メチャうま☆牡蠣の塩昆布ホイル焼き」(kouayaaさん)、「ご自慢!おもてなし賞」として「土鍋で牡蠣ピラフ。

」(abichiさん)、「大人の♪おつまみ賞」として「おつまみ&ご飯のお供☆牡蠣の赤ワイン煮」(さとみわさん)のレシピが、それぞれ選ばれている。

なお、優秀作品のレシピは、同レシピサイトで公開されているほか、12月中旬からは、首都圏量販店(イオン・イトーヨーカ堂・ダイエー等590店舗)にてPOP展開も開始。

さらに今後、「受賞レシピカード」の配布や、店頭イベントの開催も予定しているとのこと。