東レ経営研究所 特別顧問 
佐々木常夫氏

写真拡大

会社の評価の基準が変化するなか、どんな働き方が求められているのか、社員の悩みは尽きない。年代別「手放せない社員」の条件を明らかにする。

【佐々木常夫】10歳以下の子供時代を除けば、50代はちょうど人生の折り返し地点です。50歳あるいは55歳で人生の棚卸しをしてはいかがでしょう。40代は30代のときについた加速感が弱まっていないのであまり余裕がありません。50歳になると若干の余裕が出てきますから、ちょうどいい時期です。

自分の過去の仕事を冷静に振り返ってみる。腹を割ってとことん妻や子供と話し合ってみる。何年も会っていない友人や学生時代の恩師を訪ねたり、若い頃に感動した本を再読してみる。そうすると、自分とは何者なのか、残る人生で何をやりたいのか、が見えてきます。

これをやらずに定年を迎えると、多くの人が途方に暮れてしまいます。仕事という生きる目標がない状態ですから、別の目標を立てても張り合いがない。毎日暇で、やることがないのが苦痛になってしまう。会社を辞めてからではもう遅いのです。

20代と違って、55歳での棚卸しは夢も希望もなく、きつい現実だけを目の当たりにするだけかもしれない。そういう人には、この言葉を贈りたい。「運命は引き受けよう」と。

私の母親は19歳で父の家に嫁ぎ、4人の子供をもうけましたが、私が6歳のとき夫を亡くし、27歳で未亡人になりました。母がいつも言っていた言葉がそれで、いわば私の座右の銘です。もうひとつ、「頑張っても結果が出ないかもしれないが、頑張らなかったら結果が出るわけがないじゃないの」というのも母の口癖でした。

それが頭にあったから私も頑張れた。妻が病気になり自殺を図ろうとしても、自閉症の長男を含め、3人の子供の育児と家事を分担しなければならなくても、決して自暴自棄にならなかったのです。

若い人からはそう見えないかもしれませんが、その年代を過ごしてきた身から振り返ると、50代はまだまだ若いのです。人生を変えるきっかけはそこかしこに転がっている。どうせ歳だからと思うのは早すぎます。

私は人のキャリアは35歳で決まると思ってきました。人生観、仕事の進め方、余暇のすごし方、人とのコミュニケーションの取り方、いろいろなもので構成される「成長角度」が35歳で決まってしまい、その時点で角度が大きい人は後になっても小さい人に追い抜かれることはないということです。

ところが最近わかったのですが、これは万全の法則ではありません。40代後半から50代前半にかけて伸びる人もいます。ちょっと融通は利かないけれど、人生や仕事に対するひたむきさを持っている人です。そういう人は50代、60代になっても伸びていく。

私は67歳ですが(※雑誌掲載当時)、4年前まで本を書いたことも講演をしたこともありませんでした。最初の本は地獄の苦しみで書き、2冊目は何とかよちよち書き上げ、3冊目はさっと、4冊目はあっという間に書き上げました。60歳を過ぎても能力は伸びる。志あるところに道あり、です。

■自己実現のために働かない

20代、30代は仕事にどっぷりつかり、必死になって頑張る年代です。40代になると部下ができます。その部下を信頼して仕事を任せ、しなやかに生きることを信条に、社外の人と会ったり、勉強会を主宰したり、あるいは、家族と仲良くすごすための時間を意識してつくるようにしましょう。

仕事をおろそかにするわけではありません。仕事の総合力を磨く時期なのです。自分の経験からしても、総合力が最も伸びたと実感するのが40代です。それまでの経験が蓄積されているから、本を読んでも映画を観ても吸収が早かった。

50代はいわば40代の余力で走る年代です。だから、40代でどれほど伸びたかが50代を決するのです。40代である程度のものをつかんだ人は50代でも伸び続けますが、つかめなかった人は残念ながら停滞の50代になってしまいます。

私は50代後半に東レの役員になりました。役員になると大きな権限を与えられますし、発言の影響力も大きくなる。自分がまた成長できたと思い、仕事にも、より一層の意欲が湧いた時期でした。

ただ、予想外のことがひとつありました。私はそれまで、アブラハム・マズローの欲求5段階説を信じていました。すなわち、人間の欲求には、(1)生理的欲求、(2)安全の欲求、(3)所属と愛の欲求、(4)承認の欲求、(5)自己実現の欲求という5段階があり、人間は最後の自己実現欲求を満たすために絶えず成長していく存在だ、というものです。

この考え方を仕事に当てはめると、20代から30代の若い頃は、食べるために働く(1)から始まり、他人から認められるのをよしとする(4)を満たすために働いていました。これが40代になると、「最高位の(5)自己実現欲求で働いているのだ」と自分では信じ、周囲にもそう話していました。

ところが50代になると、自己実現欲求の上にもう1段階があるとわかったのです。それが「自分を磨くために働く」ということなのです。

10年6月、社長職を退くとき、かつての部下たちが送別会を開いてくれました。それだけでも上司冥利に尽きますが、なおも嬉しいことに「今後、年1回は佐々木さんを囲む会を開きます」というのです。理由を聞いたら、「佐々木さんは私たちを単なる部下ではなく、家族のように接してくれ、何でも相談に乗ってくれた。自分たちが今あるのも佐々木さんのお陰だから」というのです。

私は当時、どうしたら部下たちが自分の成長を実感できるかということに心を砕いていました。そのことを彼らが理解してくれたのです。私は地位やお金を得るために、あるいは自己実現欲求を満たすためにやったのではありません。彼らに楽しく、高いモチベーションをもって働いてもらいたかっただけなのです。面映ゆい言い方ですが、その頃から私は「自分を磨く」ために働いていたのでしょう。

■目の前の人に対して何ができるか

私は家族、友人、社内の人間、仕事仲間など、人との付き合い方をすべて同じにするよう心がけています。その人の話をよく聞き、相手の気持ちを考え、相手の立場に立って、場合に応じて適切なアドバイスをしてあげる。「目の前にいるこの人のために、私は何ができるか」をいつも考えているのです。

当然、相手はとても喜んでくれます。人とうまく付き合うための知恵ですが、これを50代になって初めて自覚するようになりました。
「最近の若い人は付き合いが悪い。お酒に誘ってもなかなか行くと言ってくれない」とぼやく友人がいます。私は若い人を飲みに誘って断られたことがありません。そこで、こう言いました。「君は部下と飲みに行って、自分の話ばかりしていないか。それでは誰も次はついてこない。部下の話を聞き、適切なアドバイスをする。勘定は全部あんた持ち。そうすれば誰でもついてくるよ」と。

上司に対しても同じことが言えます。東レ時代、同期のなかで最初に取締役になったときは、全会一致で「佐々木を取締役にしよう」と決まったらしい。上司が私を引き上げてくれたのです。振り返ると私は、上司のためには何をすべきかをいつも考えていました。

ひとつ明かすと、直属の上司だけでなく、2段上の上司も気にかけるようにしていました。たまたま同じエレベーターに乗り合わせたり、廊下ですれ違ったりしたとき、「本部長の昨日のスピーチ、すばらしかったです」と声をかけます。何回かそうしていると顔を覚えてくれますから、「迷っていることがあるのですが、5分間だけ相談に乗っていただけませんか」と言うと、たいてい「いいよ」と頷いてくれる。部屋に招かれたら、椅子には座りません。立ったまま手短に報告する。忙しい人には30分というと難しいけれど5分ならもらえるのです。

おまけに2段上の上司は自分の部下、つまり私にとっての直属上司が、部下からどう見られているかに関心があるので、「先日、こういうことがありまして」と情報を入れると、よく相好を崩して喜んでくれました。

目の前の人に対して、何ができるのか。自分にとって一見無駄と思えることでも、時間を惜しまずに行動に移してみる。それは回りまわって必ず自分にとってプラスになります。

※すべて雑誌掲載当時

----------

東レ経営研究所 特別顧問
佐々木常夫
1944年生まれ。東京大学経済学部卒業後、東レ入社。2001年、同期トップで取締役に。03年より東レ経営研究所社長。10年より現職。働き方に関する著書はベストセラーになっている。

----------

(荻野進介=構成 向井 渉=撮影)