埼玉県に新しく誕生した白岡市のオリジナルフレーム切手が追加販売!

写真拡大

埼玉県に今年10月、白岡市が誕生したことを記念して販売された「祝 白岡市誕生記念オリジナルフレーム切手」が好評につき追加販売された。

販売部数は1,000部、1シート80円切手10枚の構成で1,200円となっている。

販売場所は白岡市、春日部市、吉川市、三郷市、蓮田市、幸手市、さいたま市岩槻区、越谷市、草加市、八潮市、杉戸町、宮代町、松伏町の全郵便局および、久喜局、菖蒲局、鷲宮局、江面局、久喜東町局、鷲宮上内局、久喜青葉団地内局、久喜本町局、東鷲宮駅前局の計117局。

9月24日の発売以来好評で、12月4日現在、在庫数は180シートほど。

白岡市は埼玉県40番目の市として、白岡町が単独で市制施行して10月1日に誕生した。

人口約5万人、東京のベッドタウンとしての特色を有している。

市の名産は梨。

「白岡美人」の愛称で親しまれている。

梨を使用した果実酒、お菓子、シャーベットなども特産品。

切手シートについての詳細は日本郵便ホームページで確認を。