東京都内、住み心地の満足度トップは●●市- 「生活者実感ランキング」

写真拡大

不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストは4日、東京23区ならびに東京都市部在住者を対象とした、「東京都内生活者実感」調査の結果を発表した。

同調査は、居住市区の住み心地についてどのような評価を行っているかを調べたもの。

調査時期は、10月12日〜10月15日。

調査対象は、東京都内の対象市区(42市区)に1年以上継続して居住している20才以上の男女で、インターネット調査にて実施された。

有効回答数は、6,291件。

東京都内で「生活実感値」満足度総合トップは武蔵野市となった。

エリア別では、生活実感値上位15位以内のうち12の市区が「JR中央線寄りの都下・西部」「都心」「湾岸地域」に集中している。

上記の3エリアの「生活実感値」「住まい選びの重視ポイント」を比較すると、都心部の住民は特に「交通の利便性」に対する重視度が非常に高く、実際の実感値も高いことが高い満足度につながっていることがわかる。

また、「地域の安全」に対する満足度も他の2エリアを大きく上回っている。

一方で、他の2エリアでは評価の高い「日常の買い物関連」に対する実感値は他の2エリアを大きく下回り、全体平均以下の生活実感値という結果となった。

「また同じ市区に住みたいか」を聞いたところ、「生活実感値」満足度ランキング第1位の武蔵野市が「継続居住意向」でもトップ(85.6%)という結果となった。

また上位5位中、武蔵野市を除く4市区はすべて都心部の市区という結果になっており、「生活実感値」ランキングでは20位圏外だった渋谷区も「継続居住意向」では第9位と、東京都心部住民の「継続居住意向」の高さが際立つ結果となっている。

継続居住意向理由の自由回答から、都心部住民は現状で「日常の買い物関連」に多少の不便を感じていても、今住んでいる区の「交通の利便性」「地域の安全」に対してそれを上回る価値を感じていることがわかる。