羽田空港と東京都お台場に、フィンランドのサンタクロースが登場!

写真拡大

京浜急行電鉄は12月9日、羽田空港にサンタクロースのオフィシャルエアライン「フィンランド航空」の協力のもと、サンタクロースを招いてイベントを開催する。

また、お台場のホテルグランパシフィックLE DAIBA(ル・ダイバ)でもサンタクロースが登場する。

今回の2つのイベントに登場するのは、フィンランドの財団「サンタクロース・ファウンデーション」が公認のサンタクロース。

普段は同国で世界中の子どもから届く手紙や電子メールに返事を書いたり、トナカイの世話をしているという。

同イベントは、羽田空港国内線第1旅客ターミナルの2階マーケットプレイスで開催。

イベントスペースで、サンタクロースとの記念撮影会を行う。

撮影は先着順。

終了後は京急線品川駅に移動して、駅構内、ウィング高輪およびシナガワグースにおいてもプレゼントを配布する。

撮影会は12時から。

第1旅客ターミナル内のグリーティングは13時40分から。

京急品川駅のグリーティングは14時40分、ウィング高輪のグリーティングは15時30分から。

ホテルグランパシフィックLE DAIBA(ル・ダイバ)では、サンタクロースがディナータイムにホテル館内のレストランを訪問し、プレゼントを配布する。

日程は12月7日〜10日。

また12月8日には、身近なものを使って子どもに音楽の魅力を伝える「オーケストラとあそぼうクリスマス親子 de ディナー&コンサート」にも登場する。

料金は1組(大人1名、子ども1名)7,000円から。

同イベントは12月9日に実施。

ホテルでサンタとの握手・撮影会を実施した後は、サンタクロースとお台場の街を歩き、レゴランドDCに向かう。

その後、同施設の「レゴ教室」に参加し、レゴブロックでサンタクロースを作るという体験も。

料金は1組2,500円(大人・子ども各1名)。

30組限定。

上記3つのイベント詳細や申し込みは同ホテル公式サイトで、案内している。