「モード極める」伊勢丹3階オープン 新ロゴでリ・スタイルも一新

写真拡大

 「伊勢丹新宿店」本館の3階が、世界中の"モード"を詰め込んだフロアへと生まれ変わった。丹下都市建築設計代表取締役社長丹下憲孝氏と、グラマラス代表取締役社長森田恭通氏によるラグジュアリーな空間デザインのなか、「インターナショナルデザイナーズ」や「インターナショナルクリエーターズ」を設置。自主編集売り場「リ・スタイル」はロゴを一新し、従来の取り扱いブランドの半数を総入れ替え。国内外からアップカミングな約100ブランドをラインナップした。

モード極める伊勢丹3階オープンの画像を拡大

 「伊勢丹新宿店」本館の3階に設けられた「リ・スタイル」では、これまで国内ブランドを中心としていたセレクトを入れ替え、海外からのブランドを取り入れた。「これまで、リ・スタイルではいち早く『sacai』や『STELLA McCARTNEY』などを紹介してきた。今や館内でインショップを構えるほど人気ブランドに成長した。ここには今後そうなるだろうと思われるブランドをセレクトしている(担当バイヤー)」といい、オープンには海外からは「Acne(アクネ)」「Thom Browne(トム・ブラウン)」「KENZO( ケンゾー)」、国内からは「TOGA(トーガ)」「MUVEUL(ミュベール)」「kolor(カラー)」などが"モードの新顔"として揃えられた。また、「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」や「kolor」などがベーシックアイテムをデザインし「リ・スタイル スタンダード ライン」として展開。新コーナーとして、ギフト需要に対応するため新コーナー「リ・スタイル ギフト」やスポーツアイテムを取り揃える「リ・スタイル スポーツ」のほか、パーソナルなスタイリングサポートが受けられる「スタイリングサロン」が併設された広々とした試着スペースが設けられた。

 この他、「Alexander Wang(アレキサンダーワン)」「sacai」など選び抜かれたブランドが発信するラグジュアリーなエリアとして「インターナショナルデザイナーズ」、「COMME des GARÇONS(コム デ ギャルソン)」「CHROME HEARTS(クロムハーツ)」など独創的なクリエーションを提案する「インターナショナルクリエーターズ」がオープン。また、フロアの中央の新スペース「パーク」ではデザイナーやアーティストとのコラボレーション企画や期間限定のイベントなどを行う。オープン初日は、「パーク」付近で「MARC JACOBS(マーク・ジェイコブス)」や「3.1phillip lim(スリーワン フィリップ リム)」など5ブランドによるサプライズショーが実施された。14日には、「CARVEN(カルヴェン)」のショーが予定されている。