ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子さんと、夫の花輪俊行さんによる連載4回目は、家計管理と節約ワザについてです。家計を瞬時に夫婦で見える化するカンタンな方法とは?トイレの便座のふたを閉めると節約になる…!?などなど、へぇ〜と唸るワザを紹介します。

頑張って稼いだお金を守るために

 前回は、4大固定費のリストラ方法をお伝えしました。今回は、家計管理術と節約術をお伝えします。

 「節約とか意味あるの?」
 と思う方もいるかもしれません。
 そういう方は、「節約は仕事で稼いだお金を守るためにするものだ」と考えてはいかがでしょうか。

 考えなしに使っていては、頑張って稼いだお金もすぐになくなってしまいます。
 余裕資金を作ることができず、そうなると、「ここぞ」という時にお金を使うこともできなくなります。

 私のようにフリーで仕事をしている方は、先行投資をしていかないと収入が全く入ってきません。
 名刺1枚刷るにもどこが安いかを比較して、安いところで発注し、浮いたお金を「宣伝広告費」や「接待交際費」にあてるなどメリハリをつけていかないと、あっという間に収入ゼロになってしまいます。

 会社員の方も、もちろん自己投資が必要でしょう。金融投資もできたらしたい。
 自己投資にせよ、金融投資にせよ、今は時代の過渡期ですから、幅広く種まきをしておいて、チャンスが来たら収穫できるようにしたいものです。

 そのための資金を、お金を大切に使うことでねん出する。これが節約の意義ではないでしょうか。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)