東京OL、沖縄に移住しました (11) 海だけではない沖縄の魅力

写真拡大

移住して間もなくはホームシックを経験したが、同時に沖縄生活に新たな楽しみも見出していた。

移住前沖縄によく来ていたとはいえ、いつも空港から海に直行。

スキューバダイビングをさんざん楽しんだ後、再び海から空港へ直行していたので、海以外といえば最終日に国際通りをうろつく程度だった。

なので、海以外についての情報はほとんどなかったし、有名なスポットでさえ足を運んだことがなかった。

そんなこんなで、移住後に友人、知人が遊びに来るようになると、沖縄の観光地巡りをするようになった。

テーマパーク代表の「沖縄美ら海水族館」や「おきなわワールド」、伝統工芸なら「読谷やちむんの里」や「壺屋やちむん通り」、自然を満喫しに「備瀬のフクギ並木」や「ガンガラーの谷」なども訪れた。

また、岬巡り、城巡り、道の駅巡り、離島巡りなど、友人たちが興味あるテーマに絞って観光するのも意外とおもしろかった。

そうして初めて、沖縄には他の都道府県とは異なる文化や習俗が存在することを体感できた。

人口約140万人(東京の約1/10)の小さな小さな島である沖縄は、日本だけど日本ではないような、何かとても独特な感じがある。

さらに、一歩二歩踏み込んで沖縄を知っていくと、もっともっと興味深いことも出てくる。

例えば、首里城を英語にすると「castle」ではなく「palace」らしい。

なるほど確かに、首里城は他の城(グスク)のつくりとは全く異なり、そこは王宮であり、祭祀が盛んに営まれるつくりとなっているのである。

一つひとつの意味を紐解いていけば、ここで過去暮らした人々の想いや考えも伝わってくる気がした。

そして移住後1年経つ頃、観光巡りも落ち着いたので、時間のある週末はマンション巡りに切り替えた。

特に積極的に住宅購入を考えていたわけではなかったが、さまざまな住まいを見てまわるのは単純に楽しいし、勉強にもなった。

しかし、まさかのマンション購入。

そのあたりの詳細は次回お話しする。