昨年プロゴルファーを引退した古閑美保(30)が、最近はテレビレポーター業の傍ら、各地でトークショーを開催している。

「ワンポイントレッスンも同時に開催され、好評です。9月にはタレントの佐々木希と登壇し、ゴルコンの話などで盛り上がりました」(ゴルフ誌記者)

 竹を割ったような彼女のキャラに合ったトークが人気なためか、ギャラは「MC付きで150万円と聞いている」(同前)と破格。話の内容は酒での失敗や好みのタイプ、女子ツアーの裏話など、基本的にタブーはない。しかし、1つだけNGがあるという。

「“ダルビッシュ有(テキサス・レンジャーズ)の話には触れない”ということ。なぜわざわざダルのことだけ? ということで、これが色んな憶測を呼んでいるんです」(同前)

 古閑とダルビッシュといえば、2010年秋頃から熱愛が囁かれた関係。昨年1月には、宮崎で“一つ屋根の下”に寝泊まりしながら、合同自主トレを行なっていたことも話題となった。

「しかもあれだけ騒がれたのに、2人は今年の1月にも自主トレをしている。古閑は引退した身で、ダルはメジャーに移籍した初年度にもかかわらず、です。何より不自然なのは、下ネタでも何でも話して隠し事をしない古閑が、なぜかダルのことになると無言を貫くこと。

 それに現役時代は実家のある熊本を拠点にしていたが、現在は東京。レポーター業のためかもしれないが、中には“渡米しやすいからじゃない?”という声も上がっており、実際に今季何度か渡米していたという話もあります」(スポーツ紙記者)

※週刊ポスト2012年12月14日号