日産、フルモデルチェンジしたグローバルセダン「シルフィ」を発売

写真拡大

日産自動車は5日、世界約120カ国で販売を計画しているグローバルセダンの「シルフィ」をフルモデルチェンジして日本国内で発売した。

価格は193万7,250円から238万9,800円。

新型シルフィは、高級感のあるフロントグリル、LEDクリアランスランプを搭載したヘッドランプ、きらびやかなリヤコンビネーションランプ、流れるようなキャラクターラインにより、セダン本来の美しいエクステリアデザインを追求。

旧型モデルに対し全高を15mm下げながら、全幅を65mm広げることで、バランスの良いプロポーションを実現したとのこと。

室内パッケージングの最適化などによって、Lクラスセダンに匹敵するゆとりの後席ニールームを実現。

旧型に対してショルダールームが30mm拡大したことにより、ゆったり感も高まっているという。

そのほか、ボディ剛性を高めて振動を抑制し、遮音材を効率的に配置することで静粛性を向上。

衝撃吸収性を高めたサスペンション、左右独立温度調整機能付エアコンディショナーや後席吹き出し機能を採用し、乗員が快適に過ごせる室内空間を実現している。

新開発1.8Lエンジン「MRA8DE」を全車に搭載し、燃費は旧型モデルから16%向上した1.6km/L(JC08モード)を達成。

トランスミッションは副変速機付きエクストロニックCVT、駆動方式は2WDを採用している。

乗車定員は5名。

なお、同社関連会社であるオーテックジャパンから、新型「シルフィ 助手席回転シート」も発売。

助手席回転シートは、助手席が手動で外側に回転し、スカートや和服を着ていても足を揃えて乗り降りが可能で、乗り降りの際にかがんだり体をひねる等の負担も軽減されるとのこと。

価格は218万9,250円。