西武鉄道、鉄道制服コレクションフィギュア「川越いぶき」の限定版発売

写真拡大

鉄道事業者の西武鉄道は、12月18日、全国の実在する鉄道事業者で、実際に使用されているさまざまな職種の制服を収録したコレクションフィギュア「鉄道むすめ〜鉄道制服コレクション〜」の限定版、「鉄道むすめPLUS+03/川越いぶき限定版」を発売。

12月5日から開催される「所沢古本まつり」にて、先行発売を行う。

価格は1,100円。

9月から販売されている「鉄道むすめPLUS+03(川越いぶき)」は、西武鉄道の技術職(工務部)という設定のフィギュア。

その限定版となる同商品は、通常製品版ポーズを元に「右手にファイル」と「左手にボールペン」を持たせた”業務中”の仕様になっている。

追加パーツとして、この限定版のみの「表情が異なる顔パーツ」も封入。

頭部パーツを、上から「ヘルメット」、下から「あごひも」パーツで挟む事で、ヘルメット装着イメージも再現できるという。

販売は、西武鉄道駅売店「TOMONY」の一部店舗にて。

限定商品につき、なくなり次第終了となる。

なお、「所沢古本まつり」で行われる先行発売では、購入者先着300名に、過去に配布された「井草しいな(夏服)」、「井草しいな(冬服)」、「神井みしゃ」の、いずれかのクリアファイル1枚をプレゼントするとのこと。