日清食品、年の初めを華やかに彩る「日清のどん兵衛 年明けうどん」発売

写真拡大

日清食品は17日、「日清のどん兵衛 年明けうどん」を全国で発売する。

「日清のどん兵衛」は1976年の発売から発売36周年を迎えた、和風カップ麺のトップブランドとして支持されているロングセラー商品。

「年明けうどん」は「年明けうどん普及委員会」が提唱する、元日から1月15日までに食べるうどん。

白いうどんに赤い具材を添え、紅白のめでたい彩りが特徴となっている。

うどんは太くて長いことから、長寿を祈る縁起物であり、年の初めに食べることで、その年の人々の幸せを願うものとされている。

同商品は2009年の発売以来、年の初めを華やかに彩るバリエーションとして好評を得ているという。

白いうどんと大粒の「梅干し」で紅白を演出し、さらに「よろこんぶ (よろこぶ)」の「とろろ昆布」、長寿を願う「寿かまぼこ」を盛り付けた。

また、フタ裏に「どん兵衛七福神おみくじ」を付け、お正月に楽しみながら食べられる商品となっているとのこと。

希望小売価格は170円(税別)。