東京・秋葉原に関する知識を審査する「アキバの達人検定」第1回実施

写真拡大

検定ポータルサイトを企画・運営する日本出版販売は、2013年3月10日に第1回「アキバの達人検定」を開催することを決定した。

申し込みは同社が運営する「検定、受け付けてます」の公式ページにて、2013年2月15日まで受け付ける。

受験料は4,200円。

同検定では、秋葉原の”街”をテーマに、秋葉原に関する知識を審査する。

「総合問題」、「秋葉原の歴史」、「家電・エレクトロニクス」、「パソコン・IT」、「PC/TVゲーム・アーケードゲーム」、「コミック・アニメ・声優・映画」、「模型・フィギュア・ホビー」、「コスプレ・メイドカフェ・ライブ」、「アイドル」、「グルメ」の10ジャンルから、三者択一方式で出題を予定。

合格者には、合格認定証を贈呈し、「アキバナビゲーター」として認定する。

検定公式ページ上では、現在検定問題を公募中。

例題も配信している。

なお、今後タレントの小西由里奈さんが、”アキバの達人検定 公式サポーター”として、アキバの街の魅力を専用ページで発信していくとのこと。