大槌町安渡(あんど)・赤浜地区より大槌湾を望む。中央に見えるのが「ひょっこりひょうたん島」のモデルとなった蓬莱島。大槌港岸壁は地盤沈下の影響で海水が溢れることも。(撮影=東 紗紀)

写真拡大

■ 大槌—この町にはなさそうだけれど

大槌高校1年生の菊地真央さんは、将来の職業選びにはまだ悩んでいる。だが、それが大槌の町にあるかどうかは感じ取っている。仕事に就いたとき、どこで暮らしていると思いますかと訊いたときのことだ。

「ほんとうはここを出たくないけれど、働くところがないので」

何になるかは決めていないけれど、この町にはそれはなさそう——。では、どの街ならば仕事があると思うのか。暮らしてみたいのか。

「アメリカで暮らしてみたいんです。通訳になりたかったころから、アメリカに住んでみたいと思っていました。アメリカでもあんまり都会とかじゃなくて、住みやすいところで」

取材後、菊地さんにメールを送り、理想である合州国での「暮らしてみたい度合い」が100%、「やりたい仕事に必ず就ける可能性」を100%として、いくつかの地名を並べて訊いてみた。結果は、南隣の釜石や、山向こうの遠野が「暮らしてみたい=10%。仕事がありそう=30%」。県庁所在地の盛岡は「暮らしてみたい=50%、仕事がありそう=60%」と数値が上がる。仙台は「暮らしてみたい=70%。仕事がありそう=70%」。東京は「仕事がありそう=80%」と最高値だが、「暮らしてみたい」は60%に下がる。そして今、自分が暮らす大槌は「暮らしてみたい度=40%。仕事がありそう度=10%」という結果になった。

菊地さんはこの夏「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」に参加し、住んでみたいと思い続けていた国で3週間を過ごした。彼女の合州国の第一印象は、食生活。

「食べ残しが多いなと思いました。ピザもそうだけど、サイズが大きくて。アイスをバケツでどんだけ食べるのかな、と(笑)」

アイスクリームのサイズだけではない。UCバークレーがあるサンフランシスコは、菊地さんの理想とする「あんまり都会じゃなくて、住みやすいところ」とするには、ちょっと大きすぎる街だったようだ。だが、3週間の体験を語る菊地さんは、実に楽しそうに、それでいて噛みしめるように話す。合州国の3週間で学び、これから先いちばん役に立ちそうなことは何か、と訊いたときのことだ。

「聞くだけでなく、自分の意見も言わないと、みんなで話して何かをかたちにしようとしても、いいものにならないとわかったこと」

大槌の4人は、揃ってこの話——横文字にすれば「コミュニケーション・スキル」の大切さを学んだと語る。4人が揃ってそのことを語った意味は、4人全員に話を聞き終わってからようやくわかることとなる。

■大槌—「現実を見ろ」と言われて

柏崎繭(かしわざき・まゆ)さんは普通科2年生進学コース。バレーボール部(女子)でマネージャーを務める。自宅は震災前と同じ家だが「リフォームして住んでいます」とのこと。お父さんは45歳。震災前は「トンネルを造っていました」。今は「パソコンの勉強しながらお給料をもらっています」。お母さんは45歳。「病院で介護の仕事をしています」。柏崎さんが最初に意識した職業は、水族館で働く人だった。

「3歳から中学生のときまでは、浅虫(あさむし)の水族館で見たイルカの調教師になりたかったんです。でも、中学校の先生に『現実を見ろ』と言われて……」

浅虫の水族館とは、青森市から車で1時間ほど離れた温泉街にある、1983(昭和58)年にできた県営の水族館。大槌からは車で約6時間かかる。柏崎さんが生まれる前の年、1994(平成6)年に「いるか館」がオープンしている。イルカの調教師は、女子中学生のなりたい職業ランキングでは必ずベスト10に入る(そして高校生相手に調査すると圏外に消える)人気職種。「現実を見ろ」と言われた柏崎さんが今、なりたい仕事は看護師だ。先ほど、お母さんが介護の仕事をしていると聞いたので、こう問うてみる。介護ではなく看護なのは、なぜ。

「専門があるから。最終的になりたいと決めたのは震災のときです。私の中で介護という仕事は、日常生活の援助というイメージで——そういう仕事もいいんですけど、医療を通じて人々を救いたい! と自分が思っているイメージとはちょっと離れてると思うんで。なので、私は介護ではなく看護にしたんだと思います。人生の中で、しっかりとした知識や経験を身につけたいというのもあるし、国家試験ということで就職率も安定しているのではないかと思っているのも少しあります(笑)。でも、今回の震災で看護師さんやお医者さんがたくさんの人を助けている姿を見て、その時から私も、こんなふうに人を救いたいと思う気持ちが強くなりました」

震災直後、大槌の街は役場も病院も津波に呑まれ、高台の大槌高校が町の機能を集約・代替したことは先にも書いた。春休みの校舎は「野戦病院」になった。柏崎さんはそこで何人もの「なりたい仕事をしている人たち」が働くのを見て、思いを強めた。では、その仕事に就くためには、柏崎さんはどういう進路を歩もうと考えているのか。

(次回に続く)

(オンライン編集部・石井伸介=文)