風邪を引いたので......ネットで話題の滋養強壮剤のお湯割りを試してみた

写真拡大

急に寒くなったせいか、風邪をひいてしまった。

薬とともに滋養強壮剤を飲むと早く治る気がするが、味が濃くて飲みにくい。

また、冷たいので発熱時に飲むとゾクッとするのも苦手だ。

何か飲みやすい方法はないかとネットで調べたところ、滋養強壮剤のお湯割りがはやっているという。

これなら飲みやすいしお湯なので体も温まりそうだ。

ところで、滋養強壮剤も多種多様。

どの商品がお湯割りに適しているのか、いろいろと試してみることにした。

滋養強壮剤の予備知識がないので、ドラッグストアの薬剤師さんに女性でも飲みやすいものをいくつかチョイスしてもらった。

ただ、「風邪薬とともに飲むのはいいですけど、1日1本の用量は守ってくださいね」とのことだ。

また、薬剤師さんによると、滋養強壮剤には、指定医薬部外品と第2類医薬品がある。

後者の場合は食後に服用したほうがよいらしい。

あと、風邪などで食欲がないときは牛乳を飲むだけでもいいそうだ。

まずは指定医薬部外品から試してみよう。

ネットの情報だけでは配合割合がわからなかったので、1対1で割ることにした。

まず初日はこれから。

●ルル滋養内服液(第一三共ヘルスケア:30mL・実売価格398円) ニンジンエキスやローヤルゼリー、漢方成分である当帰(トウキ)や、ビタミンB類などが配合されている。

風邪などの発熱で体がだるいときに効果があるようだ。

中身はやや茶色がかった黄色の液体。

ニンジンのようなにおいがし、甘みがつけられている。

お湯で割るときれいなレモン色になり、香りはやや薄まった。

甘みもおさえられたが、なぜか口の中に酸味が残る。

ホットレモンを飲んだあとのような感じだ。

まだ体がだるい。

2日目はこれ。

●ベンザ滋養液(武田薬品工業:30mL・実売価格498円) ビタミンCとニンジンエキスやカンゾウエキスなど、6つの生薬を配合。

発熱で体力を消耗したときの栄養補給に効果的とのこと。

開封すると、かんきつ系のすっきりした香りがした。

原液でも濃さは感じられないが、やや生薬独特の香りがする。

お湯割りにしてもこの香りは残っていた。

元の味が濃くないからか、お湯割りの味はほとんどしない。

白湯(さゆ)にすっきり感が加わったような味わいだった。

3日目。

治りかけている気もするが、手元に残っているので、続けて第2類医薬品の滋養強壮剤を試してみた。

●新ゼリアスV10(ゼリア新薬工業:50mL・実売価格598円) 化粧品のようなパッケージが印象的。

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムなど、13種類の薬効成分が配合されている。

発熱時にも効果はあるが、妊娠授乳期などの場合の栄養補給にも効果があるそうで、女性向きの商品のようだ。

原液はコーヒーのような色だが、栄養ドリンクのような香りがする。

味はそれほど濃くない。

お湯で割ると味も薄まってしまい、のど飴をなめながらお湯を飲んだときのような味がした。

原液のままでも飲みやすいので、そのまま飲んだほうがよかったかも。

●ユンケル黄帝液L(佐藤製薬:30mL・実売価格840円) ユンケル黄帝液の女性向け商品。

シベットチンキや西洋サンザシ乾燥エキスなど、聞きなれない名前の成分が多数配合されている。

発熱以外にも、肉体疲労などに効果があるらしい。

原液は漢方系のにおいが強い。

苦みはそれほどではないが、口の中に生薬独特の味わいが残る。

お湯割りにするとにおいがマイルドになり、甘みが感じられた。

滋養強壮剤を飲みなれていない人には、お湯割りの方がいいかもしれない。

●カコナールII(第一三共ヘルスケア:45mL×2本・実売価格798円) 葛根湯(かっこんとう)にハチミツとショウガを加え、飲みやすくしたもの。