廉価版Nexus、はたして発売はあるのか(GL Benchmarkより)

写真拡大

グーグルが99ドル(約8000円)の小型タブレットを近く投入するとの情報を、海外メディアが伝えている。

CNET英国版などが2012年12月2日報じたところによると、ベンチマークサイト「GL Benchmark」にASUS(エイスース)製のタブレットの情報がリークされた。エイスースはグーグルと「Nexus(ネクサス)7」を共同開発しており、これが以前から噂になっている「グーグルの99ドルタブレット」ではないかといわれているのだ。

スペックはNexus 7と大差なし

「Asus ME172V」と呼ばれているこのタブレットは、ディスプレーが7インチで解像度は1024×600ピクセル、メモリーが1GB、容量は8GBで、OSはAndroid(アンドロイド)4.1.1とされている。解像度が劣ることを別にすれば現行のネクサス7とほとんど変わらないスペックで、もし本当にこのタブレットが8000円という価格で出れば、ライバル社にとって大きな脅威になることは間違いない。

7月発売(日本では9月)のネクサス7は高スペックでありながら1万9800円(16GBモデル)という「価格破壊」で話題を呼び、小型タブレット市場の安売り戦争に火をつけた。しかし最近では中国製を中心に、1万円台前半〜中盤という「激安タブレット」も市場には出回っており、海外メディアなどではグーグルがさらなる廉価版を投入するのでは、との憶測が以前から出回っていた。

CNET記者「私は(グーグルは)出す、と考える」

現状では上記の情報の真偽は定かではないものの、CNET英国版の記者は、

「はたしてグーグルとエイスースはこんな額のタブレットを出すだろうか。私は出す、と考える。価格においてアップルがアンドロイドに太刀打ちできない以上、グーグルはどんな手を使ってでもそこを突くはずだ」

と論じている。日本のネット上でも「実際に日本でもこの価格で出てくれるんなら俺はこれで十分過ぎるからホスイ」などと驚きの声が広がった。