iPS細胞を改良し培養効率200倍に

ざっくり言うと

  • iPS細胞を増やす方法を改良し従来の約200倍に高めたと、京都大教授らが発表
  • 人の細胞を使うため、動物由来のウイルスの混入の恐れはなく、安全性も高いという
  • 5日の科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に掲載される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング