円谷プロダクション社長 
大岡新一 
1947年、東京生まれ。慶大法学部を中退し69年入社。フリーの撮影・特技監督を経て2004年、再入社。08年から現職。

写真拡大

■全員の前で「リストラはない」

円谷プロダクションは経営不振から2007年に大手CM制作会社TYOの傘下に入り、同時に社員の4割を削減するリストラを行った。さらに10年4月には、最大株主が同社から総合エンターテインメント企業フィールズに移るという大きな変化に見舞われた。

私は07年に買収された当時の製作担当役員であり、その意味での経営責任を負っている。当初は他の役員とともに辞任するつもりでいたが、図らずも社長を引き受け、今日に及んでいる。その間、経営者としての最大の課題は、落ち込みがちな社員のモチベーションを上げてゆくことだった。

いま日本では雇用不安、仕事の過重などの苦しさが働く人の上にのしかかっているが、かといって給与の形で報いることもできにくい。どうやってやる気を保つのかは難しい問題だ。

円谷プロの経営を立て直すなかで私が最も気をつけたのは、社員が疑心暗鬼に陥らないよう、経営情報を共有することだった。その際には、なるべく肉声で語りかけるようにした。

というのも、円谷プロは社員約80名のコンパクトな組織である。年末や年初、期が変わる際、また経営上で大きな変化があったときには、会議室に本社勤務の社員全員を集めて、私から直接、話をするようにしている。

今回の株主移動の際には正式発表の直前に社員を集め、事実をありのままに説明した。そして「親会社は変わるが、リストラはしない。ウルトラマンシリーズを知り尽くしている社員こそが円谷プロの財産だ」と強調し、不安払拭に努めたのだ。

といっても、現状を維持していればそれでいい、という意味ではない。

円谷プロはウルトラマンのおかげで知名度が抜群に高い。そのため従来は「キャラクターを使わせてほしい」「こんな番組を作ってくれないか」と、持ちかけられた話に応じる形で仕事をすることが多かった。つまりは受け身であり、お行儀がいいというか、知名度にあぐらをかいている面があった。

そのうえさらに、親会社の意向を忖度するあまり「上の決定を待ってから動けばいいや」という消極主義が根付いてしまったら大変である。そういう心は、間違いなく製作する作品にも悪い影響を与えるからだ。

そこで私は「受け身の姿勢では生き残れない。最終責任は僕が持つから、もっと攻撃的に、提案型の仕事をやってほしい」と注文を付けたのだ。

親会社の異動はチャンスでもある。現にフィールズは遊技機ビジネスを通じて、これまで縁の薄かった「大人の世界」への橋渡しをしてくれた。他方、もう一つの大株主バンダイとは従来どおりファミリー層を意識したビジネスを展開中だ。つまり当社は伝統的な路線を強化しつつ、新しい可能性を追求できる恵まれたポジションを手に入れたのだ。これはすばらしいことである。

そもそも私たちはエンターテインメントの作り手だ。私たち自身が楽しんでいなければよい作品はできない。ある意味で、それは考え方しだい。だから私は、ことあるごとに「おもしろがって仕事をしよう」「もっとワクワク、ドキドキしよう」と、みんなの尻を叩いている。そのせいか、社員たちは一時期に比べて元気になったし、おもしろい会社になってきたと思うのだ。

年末には新作映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国』が公開される(※雑誌掲載当時)。主人公のウルトラマンゼロは「ウルトラセブンの息子」という設定で、これまでのシリーズに比べ、やんちゃでワイルドなキャラクターが特徴だ。ちょっと強引かもしれないが(笑)、社員たちには、お行儀のよさはほどほどにして、ゼロを見習い、さらに積極的に、野性的に羽ばたいてほしいと願っている。

※すべて雑誌掲載当時

(円谷プロダクション社長 大岡新一 構成=久保田正志 撮影=ミヤジシンゴ)