銀座エリアでイルミネーション点灯 LED16万個のヒカリミチ出現

写真拡大

 全銀座会と一般社団法人銀座通連合会、Ginza International Luxury Committee(略称:GILC/ギルク)が12月4日、「GINZA ILLUMINATION(ギンザ・イルミネーション)」の点灯式を開催した。同日から銀座エリア一帯にはシャンパンゴールドに輝くLED約16万個のイルミネーション・ロードが出現。「GILC」に加盟する「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」や「CHANEL(シャネル)」の各店舗には東北復興支援のチャリティ募金箱が設置され、募金者により書かれた東北へのメッセージ「願いのオーナメント」が銀座通りのイルミネーション・ツリーに装飾される。

銀座エリアでイルミネーション点灯の画像を拡大

 2年目の開催を迎えた「GINZA ILLUMINATION 2012」では、「ヒカリミチ〜歩き出そう、希望の光へ〜」と題して銀座通り(中央通り)1丁目から8丁目、晴海通りの数寄屋橋から銀座4丁目交差点付近までの目抜き通り沿い約1,500mに伸びるイルミネーション・ロードを演出。年末年始の新たな風物詩として、銀座の街を華やかに盛り上げる。また、昨年に引き続き、東北の復興支援を目的にGILCの各店舗をはじめ、「銀座三越」や「松坂屋銀座店」、「ユニクロ銀座店」など近隣の各施設に募金箱を設置。集まった募金は、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟の「東日本大震災子ども支援募金」に寄付される。

 「GINZA ILLUMINATION 2012」を主催するGILCは、「HERMÈS(エルメス)」や「BVLGARI(ブルガリ)」、 「Cartier(カルティエ)」など銀座通り・晴海通りにショップを構える国際的なラグジュアリーブランド14社により組織された地域の更なる認知向上と活性化を目指す委員会。今日行われた点灯式にはGILCの代表を務めるジョルジオ アルマーニ ジャパン代表取締役社長の笹野和泉氏が出席し、全銀座会・一般社団法人銀座通連合会 理事長の小坂俊幸氏やゲストとして登場した菊川怜さんらとともに「GINZA ILLUMINATION 2012」の点灯スイッチを押した。菊川怜さんは「銀座のイルミネーションが希望の道しるべとなって、『一歩ずつ手をとりあって歩いていこう』というメッセージを東北の皆さんに届けられたら」と話し、2013年1月6日までの全34日間にわたり点灯される「ヒカリミチ」の幕開けを祝った。

■GINZA ILLUMINATION 2012 ヒカリミチ〜歩き出そう、希望の光へ〜
 開催期間:2012年12月4日(火) 〜 2013年1月6日(日)
 点灯時間:15:00〜24:00(予定)
 開催場所:銀座通り(中央通り)1丁目から8丁目および晴海通りの数寄屋橋から銀座4丁目交差点付近
 http://www.ginza.jp/