小岩井乳業、注目のプラズマ乳酸菌を配合の飲むヨーグルト、地域限定で発売

写真拡大

小岩井乳業は12月4日、プラズマ乳酸菌を配合した飲むヨーグルト「カラダへの贈り物 プラズマ乳酸菌」を、東北・関東・甲信越・静岡にて発売開始した。

価格は120円。

プラズマ乳酸菌とは、同社とキリンホールディングスが共同開発して生まれた「まもるチカラの乳酸菌」。

摂取することで、様々なウイルス感染防御における免疫賦活効果を示すことが確認されている。

同商品は半日以上じっくり発酵させたプラズマ乳酸菌に、同社の「小岩井 生乳100%ヨーグルト」を合わせて仕上げた。

酸味が少なく、飲みやすい飲むヨーグルトとなっている。

低脂肪タイプなのですっきりと飲みやすく、毎日続けられる味わい。

忙しい毎日を過ごす人や、受験など大事な行事を控えている人におすすめだ。

容器は子どもや女性・年配の人にも持ちやすい形の、小岩井オリジナルの新容器を採用。

乳酸菌の力強さ、機能感をダイレクトに感じてもらえるような“赤色”を取り入れたデザインになっている。

ストロー付きで気軽にどこでも飲むことができる。