豚丼の肉・ご飯をどう調整して食べればベストか教えます - 中経出版「絶対にうまい食べ方」

写真拡大

出版事業を行う中経出版は、”おいしいご飯”を、最後の一口まで”おいしく”食べきることを解説した「絶対にうまい食べ方」(市島晃生・稲村美紀 著)を刊行した。

定価は600円(全224ページ)。

同書では、さまざまな名店・名料理に精通しているというグルメ番組ディレクターの市島氏が、東京を中心に放送業界人御用達のレストランや定食屋、仕出し弁当、高級ビュッフェなどを紹介しながら、あらゆる食事に応用できる「おいしさの方程式」を解説している。

市島氏は、これまで「ルーがなくなったカレーの、ご飯だけを食べている光景」などを見かけるたびに、”なぜ戦略的に食べられないのか”と考えていたという。

今回、そんな市島氏の「食に対する独特のこだわり」を、元部下である稲村氏がFacebookで読み同書を企画。

「食べ方から追求するグルメ」の本として、読んだその日から試したくなるような内容になっているとのこと。

例えば、新橋駅前SL広場のニュー新橋ビルにある「豚大学」の豚丼(大)では、市島氏の「丼」の攻略法を展開。

手前から平行に進めていき、丼の真ん中にある”ご飯の多い部分”のために、どうやって肉をやりくりするか、さらに、ご飯の量が少なくなってきた時に発生するがけ崩れと、どんぶりご飯の”耐久曲線”なども図で解説している。

なお、「みんなで行く 東京近郊グルメツアー」の章や巻末には、店のリストも掲載。

グルメガイドとしても活用できるとのこと。

フリー番組ディレクターの市島晃生(いちしまてるお)氏は、グルメ、ダイエット番組を中心に、「カノッサの屈辱」、「料理の鉄人」、「ウンナンのホントコ!」、「マジック革命!セロ」、「100キロ超級ダイエット あの日に帰りたい」などの番組を担当してきた。

また、稲村美紀(いなむらみき)氏は、元・テレビ制作会社勤務のフリーライター。

東京と英国の2つを拠点とし、取材・執筆を中心に活動している。