北海道でしか飲むことができないドリンク列伝

写真拡大

昨今注目されるご当地グルメと同じく、全国各地にはその土地でしか飲むことができない「ご当地ドリンク」も存在する。

ご当地ドリンクの中には観光客をターゲットに生み出されたものも多いが、北海道には地元民に深く愛される伝統的なものがいくつかある。

そんな北海道地域密着ドリンクを紹介しよう。

まず「ソフトカツゲン」を紹介させていただく。

道民の間ではフルネームでなくもっぱら「カツゲン」と呼ばれている乳飲料で、見た目はヤクルトによく似ている。

ただ甘さがすさまじく、ヤクルトの数倍はあろうかと思われるほどだ。

ややトロミのあるもったりした喉越しが、道民のDNAを刺激するのである。

このドリンクが誕生したのは昭和初期のこと。

帝国陸軍が中国に駐屯している兵隊への水分や栄養補給を目的として、雪印メグミルクの前身である北海道製酪販売組合連合会に作らせた栄養飲料だったのだ。

それを知ると、このディープな甘さも納得できる。

ソフトカツゲンはルーツであるカツゲンをより飲みやすくライトにしたものだが、これでライトになったのなら、初代カツゲンはどれだけすごい味だったのだろう。

そう想像してしまうくらい、ひたすらねっとりと甘い。

よく似た味の飲料に「マミー」がある。

しかし道民感覚で言わせていただくと、その味は似ているがやはり大きく違う。

昔、部活の先輩に「カツゲン買って来い」と命じられて買いに行ったにも関わらずマミーを買ってしまい、後輩がヤキを入れられている場面によく出くわしたものだ。

それだけカツゲンは愛されてきたのである。

次にご登場いただくのは「コアップガラナ」だ。

ガラナというドリンクは全国で販売されている。

もともとはブラジルの飲み物らしく、1960年に日本に進出してきた。

当時、コカコーラが日本国内で販売網を広げていた。

これに対抗すべく、全国清涼飲料協同組合連合会なるものが、ブラジル大使館から製造方法を指導してもらい、より日本人好みの炭酸飲料として完成させた。

味は確かにコーラに似ている。

当時の流通事情により、日本の中でもとりわけコカコーラの進出が遅れていたのが北海道だった。

道南(どうなん)にある小原という飲料メーカーでは、北海道の人たちにもコーラのようなドリンクを味わってほしいという思いから、全国清涼飲料協同組合連合会に加盟。

コアップガラナの生産と販売を行った。

偶然が重なり、北海道で定着したコアップガラナ。

現在ではネット販売が発達したため全国どこにいても簡単に入手できるが、企業の思いが地元に定着させた、まさしく北海道が誇るドリンクである。

今でも、30代以上の道産子には根強い人気がある。

最後に紹介するのは北海道限定ビール「サッポロクラシック」だ。

このビールをご存じな方は全国にも多いと思われる。

麦芽100%でコクがあるこのビールを、私も晩酌の友としてもう10年ぐらい愛飲している。

本州在住の私の友人たちも、北海道に来たらこれしか飲まないという人が少なくない。

ところが数年前ショッキングな光景を目撃した。

長野県佐久(さく)市のコンビニで、サッポロクラシックが売られていたのだ。

キャンペーンか何かだったのかは店の人に確かめなかったが、かなりびっくりしてしまった。

佐久在住の方、この件に関して何か情報があれば、ぜひ教えていただけるとうれしい。

その他、北海道の代表的なローカルドリンクとして「リボンナポリン」がある。

こちらもサッポロビールが生産している。

今回は入手できなかったため写真はないが、北海道で見かけたらぜひ飲んでみてほしい。

●information雪印メグミルクもっと函館どっとこむサッポロビール