ジョン・マカフィー、身柄拘束? でも捕まったのは影武者!?

写真拡大


どこからどこまでが本当やら...。

12月1日、ジョン・マカフィーの公式ブログから、彼が滞在していたベリーズとメキシコの間の国境で捕えられたと発表がありました。マカフィーは、殺人容疑で指名手配されてから3週間ほど逃亡生活を続けていました。

ただ、マカフィーの公式ブログの管理人はその情報は「未確認」のものだと書いていましたし、所轄であるサンペドロ市の市長も否定するコメントを出していました。

そして12月3日、公式ブログには一転して「無事です」と題するポストがありました。それは管理人でなくマカフィー本人が一人称で書いたもののようで、こんな内容でした。

 


 

私はいま無事で、Vice誌の勇敢なジャーナリスト二人、それからサム(訳注:愛人女性)と一緒にいます。ベリーズにはいませんが、まだ危険から抜け出せてもいません。詳細については、万事うまくいったら今日このあとポストします。私の「影武者」が、私の名前で北朝鮮のパスポートを持っていたのですが、我々の計画通り不正行為で勾留されました。が、当局側に関心がなかったため解放され、我々の脱出計画における彼の役割を果たすことができませんでした。


つまり捕まったのは影武者(しかも北朝鮮のパスポートって...)だから、多少不都合はあるけど本人は無事だということです。また、一緒にいるVice誌から12月3日中にも「ビデオ付きの詳細な記事がポストされる」とも書かれています。

こうなると、そもそもそんな逮捕劇があったのかどうかもわからなくなってくるんですが、とにかくまだお騒がせは続きそうですね...。


The Hinterland via AFP

Eric Limer(原文/miho)