山口県山口市が12月、Xmas市に。約40のクリスマスイベントを開催

写真拡大

日本で初めてクリスマスを祝ったとされる山口県山口市で「12月、山口市はクリスマス市になる。

」をテーマに、市内各所で約40のクリスマスイベントが開催される。

1551年、フランシスコ・サビエルによりキリスト教の布教活動が行われた山口市。

その翌年の12月9日(陽暦の12月24日)には、当時山口で布教活動を行っていた宣教師コスメ・デ・トルレスらが司祭館に日本人信徒を招き、日本で初めてクリスマスを祝ったという。

この歴史的史実を踏まえて、同市では毎年12月に「日本のクリスマスは山口から」を合言葉に、市内で様々な関連イベントを開催してきた。

今年は、12月1日(土)、同市亀山町の山口サビエル記念聖堂でセレモニーを行ったのを皮切りに、同月31日まで市内各所でコンサートなどのイベントが予定されている。

クリスマスの定番であるイルミネーションは、旧サビエル記念聖堂シンボルモニュメントイルミネーショのほか、大殿大路が24日までライトアップされるほか、伝承センターなどでも実施される。

ライブイベントでは21日には、坂本龍一トリオツアー「Ryuichi Sakamoto Trio Tour 2012 Japan & Korea」を山口情報芸術センター”YCAM”10周年記念祭プレイベントとして開催。

ピアノ、チェロ、ヴァイオリンによる坂本龍一の新旧の名曲が披露される予定だ。

アートは、現代アート界のスイーツ王子”渡辺おさむ”の作品を展示する「渡辺おさむ的 侘び寂びの世界〜Karesansui枯山水〜」を山口情報芸術センター”YCAM”スタジオBで開催。

庭園の枯山水の幽玄な世界観をホイップクリームで表現する。

期間は7日〜13日(10時00分〜19時00分)。

なお、11日は休館日となっている。

入館は無料。

このほか、「山口×土田康彦10×10展」と題したワークショップも開催。

'08年オープン国際彫刻展に日本代表として出展、最優秀グランプリに輝いた土田康彦氏。

料理人でもある同氏が、山口の豊かな地域資源を素材に、食アートの提案を行う。

期間は8日〜24日まで、会場はYCAM内のカフェ・ド・クロワッサン。

また、25日まで、防長交通(周南市)の「クリスマスバス」が運行される。

期間内の土日祝日は車内でサンタからプレゼントがもらえるチャンスがある。

詳細はホームページで確認を。