秋田県で運行される「新春雪見お座敷列車」で旅情あふれる雪景色を堪能!

写真拡大

秋田県に路線を持つ秋田内陸縦貫鉄道(本社・秋田県北秋田市阿仁銀山字下新町41-1)で「新春雪見お座敷列車」を運行する。

運行日は2013年1月12日(土)、13日(日)、14日(月・祝)の3日間。

「新春雪見お座敷列車」は、新春企画として期間限定で運行されるお座敷列車だ。

車両内部には大きなテーブルがついており、車内へお弁当などを持参して雪景色を眺めながら楽しむことができる。

運行列車は、急行もりよし1号(阿仁合09:17発・角館10:23着)、急行もりよし2号(角館12:17発・鷹巣14:16着)、各駅停車115D(鷹巣15:13発・阿仁合16:10着)の3車両となる。

秋田内陸縦貫鉄道からは雪に彩られた北国の自然を見ることができるほか、谷を渡る鉄橋では渓流や連なる山々など美しい景色を望むことができる。

多くの地元の人たちや、鉄道ファンに愛されている路線だ。

詳細は秋田県北秋田市観光情報を参照のこと。