福岡県太宰府天満宮の「うそ替え神事」は悪い出来事をうそにする!

写真拡大

福岡県太宰府市の太宰府天満宮で「うそ替え神事」が行われる。

日時は2013年1月7日(月)19:00から。

実施場所は太宰府天満宮楼門横の天神広場。

「うそ替え神事」は、前年にあった災厄や凶事を「うそ」として、良い年になるよう祈るもの。

また、知らず知らずのうちについた「うそ」を天神様の誠心に替えるとも言われる。

天満宮ならではの特殊行事だ。

神事の内容は、「替えましょ、替えましょ」という掛け声とともに、暗闇の中で鷽(ウソ・スズメ目アトリ科の鳥)の木像を交換し合う。

交換して手にした鷽の木像、「木うそ」は自宅の神棚に祭り、1年の幸福を祈るとされる。

なお、当日夕刻より神事に用いる「木うそ」の授与が行われる。

初穂料は1,000円。

数に限りがあるので注意。

ちなみに、鷽は菅原道真が蜂の大群の襲われた際、鷽の群れが現れてハチを食べ、道真を救ったと言われている。

道真を祭神としている天満宮とはかかわりが深く、縁起が良いとされる鳥だ。

詳細は大宰府観光協会 ホームページで確認を。