最高時速60km!スリリングなアイススケートのダウンヒルレース「レッドブル・クラッシュドアイス」が開幕

写真拡大

アイスクロス・ダウンヒルの世界大会「Red Bull Crashed Ice(レッドブル・クラッシュドアイス)」がカナダのナイアガラで12月1日に開幕した。

Red Bull Crashed Iceは、街中に作られた全長約300〜550メートル、高低差約50メートルの氷の特設コースを一斉に滑り降りるアイススケートのダウンヒルレース。最高時速は60kmに達し、コースに設置されたヘアピンカーブやバンクコーナー、連続バンプや段差などの障害物をかわしながら順位を競う。

第1戦は、カナダのKyle Croxallが優勝した。2位にアメリカのCameron Naasz、3位にスイスのKilian Braunが続いた。

次戦は1月26日にアメリカのセントポールで行われる。