ウケを狙わず自然体でウケる
音はゼロの「形状オンリーもの」

 ダジャレ軍における特殊部隊としての「ビジュアル系ダジャレ」について、前回概略を解説しまして、そこからさらなる亜流の部隊投入!「形状オンリーもの」「間違いツッコミ待ちモノ」「なぞなぞとダジャレ」の精鋭3小隊について語っていきたいと思います。

 今回、戦陣を切るのは「形状オンリーもの」。先に言っておきます。これ、誰が誰に上戸彩しても…いや、EXILEのリーダーしても…いや、披露しても、かなりの確率でウケると保障します。

「あれ? 石黒流ダジャレ道では、ウケなくていいんだ、自分の知性向上のためだとさんざん言ってるじゃないですか?」という声が届いた気がしたので、そこらあたりを補足します。ウケを狙わず、自然体で放ってウケることはコミュニケーションとして当然大歓迎ですよ。

 そしてこの連載を読んでいただいている人の中には「やっぱりオレはウケたいんだ! ウケないと思うと言えないんだ!」という人だっていることでしょう。そんな方には、この連載19回でお伝えしてきたなかで、もっとも有用な実例となるはず。

「形状オンリーもの」という通り、なんと音はゼロ!!! なんです。前回の「ビジュアル系ダジャレ」でも絵だけでというものがありましたが、あちらはライブでできるものではない。対してこちらは、対面で行われる本線です。無音で成立する。これはまさにメディアミックスな現代におけるチャップリンのトーキー映画の世界です……言い過ぎました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)