エイ・ネットが、2013春夏から新ブランドの展開をスタートすることがわかった。同社としては、2012-13年秋冬の「kuskus(クスクス)」に続く独立ブランドで、また新規ブランドの立ち上げとしては6年ぶり。12月11日に開催される発表会で詳細が明らかになる。

エイ・ネットから新ブランドの画像を拡大

 エイ・ネットは「TSUMORI CHISATO(ツモリチサト)」や「Né-net(ネ・ネット)」といった人気ブランドの他、今年に入り「Né-net」の人気キャラクター「にゃー」のオンリーショップを「Echika池袋」に初出店。これに続いて同社のブランドを集めた公式通販サイト「HUMOR(ユーモア)」のリアルショップを同じ4月に「東急プラザ表参道原宿」、11月に南堀江にオープンさせた。2012-13年秋冬からは「sunaokuwahara(スナオクワハラ)」のセカンドライン「kuskus」を単独ブランドとしてスタートしており、「ラフォーレ原宿」の1号店をはじめ全国に店舗を拡大している。

 新規ブランドの立ち上げは、2006年にスタートした「mercibeaucoup,(メルシーボークー、)」以来。デイリーウェアを展開するウィメンズ向けのブランドになるようだ。

■エイ・ネット
 http://www.a-net.com/