映画『スタードライバー THE MOVIE』メインビジュアル到着、予告編も公開中

写真拡大

2013年2月9日に公開されるアニメーション映画『スタードライバー THE MOVIE』のメインビジュアルが3日、公開された。

本作は、2010年10月から半年にわたり放送されたテレビシリーズ全25話のストーリーを、作品の主題であるタクト、スガタ、ワコの3人の関係性にフォーカスして新たに再構築。

さらに、多くのファンが気になっていたテレビシリーズ最終話の”その後”にあたるエピソードを、完全新作で追加している。

今回公開されたメインビジュアルには、新宿に立つタクトら6人とタウバーンが描かれている。

また、公式サイトでは予告編も公開。

メインビジュアルと同じく新宿を思わせるシーンも存在し、少しづつ本作の全貌が明らかになりつつある。

先日には2010年10月から放送されたテレビアニメシリーズ『STAR DRIVER 輝きのタクト』のオープニングテーマ(「Cross Over」)、エンディングテーマ(「SHINING☆STAR」)を担当してきたアイドルユニットの9nineが、本作でも主題歌を担当することが明らかとなり、川島海荷が「わたしたちにとって恩人といえるアニメです」と思い入れを語っていた。

本作の監督は『桜蘭高校ホスト部』や『ソウルイーター』などで知られる五十嵐卓哉が、『STAR DRIVER 輝きのタクト』より続投。

制作はボンズが担当し、脚本家に榎戸洋司、声優陣に宮野真守(ツナシ・タクト役)、福山潤(シンドウ・スガタ)、早見沙織(アゲマキ・ワコ)、石田彰(ヘッド)など豪華キャストが名を連ねている。

(C)BONES/STAR DRIVER THE MOVIE製作委員会