イーデザイン損保、2年連続オリコン「自動車保険」顧客満足度ランキング1位

写真拡大

オリコンは12月3日、2013年の自動車保険顧客満足度調査結果を発表した。

1位は2年連続でイーデザイン損保、2位は三井ダイレクト損保、3位はソニー損保という結果になった。

同調査は実際に自動車を運転し、事故・トラブルなどで自動車保険を適用したことがある1万3,647人を対象に実施。

「事故対応」「保険料」「付帯サービス」「会社の信頼性」など、消費者が自動車保険を加入する際に重視する11項目について調査した。

総合1位となったのは、昨年に続きイーデザイン損保。

調査11項目中6項目で1位、それ以外の項目も全て上位4位以内にランクインしている。

事故対応関連では、担当者の対応・的確さ・事故後の交渉力・保険金支払いとも4項目で全て1位だった。

実際に利用した人からは、「東京海上のネット保険ということで安心感がある」「事故対応の早さと丁寧さはすばらしい」「事故担当者の説明が丁寧で分かりやすい」といった声が寄せられた。

顔が見えない通販型自動車保険に不安を感じていた消費者も、実際の事故対応での対応力を高く評価しているようだ。

イーデザイン損保は2009年に開業と、比較的新しい会社だ。

しかし、同社の顧客満足度ランキングの他にも、2012年度価格.com、2012年度J.D.パワー、2012年度保険スクエアbang!の自動車保険満足度ランキングでも1位に選ばれ、消費者から高い評価を得ている。

2位となったのは三井ダイレクト損害保険。

調査11項目中、2項目が1位を獲得した。

保険料の安さ、利便性や保険金の支払いについても高い評価を得ている。

消費者からは「保険料が安い割に、内容が充実している」「事故の時の担当者の対応は迅速で丁寧」「経過をタイムリーに報告してくれた。

信頼できる」などの声が寄せられた。

3位はソニー損保。

調査11項目の中で1位を獲得できなかったものの、6項目が3位内にランクイン。

保険プランや付帯サービス、担当者の対応が評価されたようだ。

消費者からは「担当者とすぐ連絡がつく。

対応もすばらしい」「様々な手続きのサービスが早い」「ロードサービスを利用したが、とても助かった」など評価された。

詳細はオリコン顧客満足度ランキングで見ることができる。