延命治療、医師の7割は「自分の延命治療は控えてほしい」 -ケアネット調査

写真拡大

医師・医療従事者向け情報サービスサイトを運営するケアネットは11月30日、医師1,000人に対して行った「自分自身の延命治療」についての調査結果を発表した。

同調査は、医師・医療従事者向け専門サイト「CareNet.com」の医師会員に対し、11月15日〜16日にかけて行われたインターネット調査。

まず「自分自身の延命治療」について聞いたところ、70.8%の医師が「控えてほしい」と答えた。

自由回答では「自分で思考できて初めて”生きている”と考えている」「だんだん状態が悪くなる姿をさらしたくない」「家族の精神的・経済的負担が大きすぎるのを普段から見ているため」「(回復が見込めないなら)お金と医療資源は必要な人のために使わなければいけない」などがあがった。

「自分自身の延命治療のついての意思表明」を聞いたところ、「希望はあるが表明していない」と答えた医師は43.4%だった。

一方「書面に残している」医師は6.4%、「家族に口頭で伝えている」医師は40.0%と、約半数が何らかの形で外部に表明していることが分かった。

調査の詳細、医師の自由回答は「ケアネットのプレスリリース」で閲覧できる。