カワサキ、フルモデルチェンジした「Ninja 250」の2013年モデル発売を発表

写真拡大

カワサキモータースジャパンはこのほど、フルモデルチェンジしたフルフェアリングスポーツ「Ninja 250」の2013年モデルと、ライムグリーン×エボニーの特別色を施した「Ninja 250 Special Edition」を2013年2月1日に発売すると発表した。

また、2013年2月15日にABSを標準装備した「Ninja 250 ABS Special Edition」の発売も発表している。

Ninja 250は、高い剛性を持つダイヤモンド構造の鋼管フレームを採用し、優れた走行性能と扱いやすさを実現。

エンジンは、軽量・コンパクトな水冷4ストローク並列2気筒DOHC 4バルブエンジン(248cc)を搭載し、低中速回転域の力強さと高速回転域でのシャープさを両立したとのこと。

新設計の軽量ピストンや、内壁にめっき処理を施したオープンデッキタイプのスリーブレス・アルミダイキャストシリンダーを採用し、軽量化と高い耐久性、冷却効率向上も果たしている。

そのほか、吸気量を最適化するデュアルスロットルバルブの採用により、優れたレスポンスとスムーズな出力特性を実現。

フューエルインジェクションや三元触媒を採用することで高い環境性能とパフォーマンスも両立させ、平成19年国内二輪車排出ガス規制に適合。

車体は、最新「Ninja」シリーズのデザインを受け継いだフルフェアリングとデュアルヘッドライトを採用。

抑えられたシート高や、やや高めのハンドルバーなどによって、リラックスしたライディングポジションを可能としている。

装備面では、視認性に優れた大型アナログタコメーターとマルチファンクションLCD(バックライトは白色LED)を組み合わせた新型メーターなどを採用している。

価格は、Ninja 250が53万8,000円、Ninja 250 Special Editionが55万3,000円、Ninja 250 ABS Special Editionが60万3,000円。