「カロリナグレイサー」ブランドイメージ刷新 今着れるリアルクローズへ

写真拡大

 活動10周年を迎えるシンガーのMEGが2006年にスタートした「CAROLINA GLASER」が、より長期的にブランドを成長させていくことを視野に2013年春夏からブランドイメージを刷新する。イメージの変更を発表後、初めて行われた展示会では星座やドットなど女の子が好きなモチーフを取り入れた"今着たい"コレクションを披露。今後、エッジを効かせた時代感に沿う方向性を打ち出していくという。

「カロリナグレイサー」刷新の画像を拡大

 ビギが展開する「CAROLINA GLASER」の2013年春夏コレクションは、同社の一室を使用して、ユニコーンのオブジェが目を引くファンタジックな空間で披露された。これまでは淡く柔らかな色合いのガーリーなアイテムが多かったが、今回から時代感を捉え、リアルクローズを意識したコレクションを提案。ウエストマークのスカートや光沢感のあるカラフルなフレアスカート、胸の下で切り替えしを入れたドール風のワンピースなど、ボリュームを削ぎ落したシャープなシルエットのアイテムを揃えてターゲット層拡大を見込む。

 2011年から「CAROLINA GLASER」の企画製造や店舗運営を手がけるビギの広報担当者は、「がらりと印象が変わった『CAROLINA GLASER』を是非多くのお客様に手に取って頂きたい」とコメント。代官山の路面店をはじめ、ラフォーレ原宿や新宿ミロードの直営店などで2013年2月から順次販売をスタートする予定だ。

■CAROLINA GLASER
 http://www.carolinaglaser.com/