30代後半以上の女性、4人に3人は「恋は楽しい」。一方で「面倒くさい」も

写真拡大

ドクターシーラボは11月22日〜26日にかけて、35歳〜49歳の女性722人を対象に、30代後半以上の女性の恋の実態アンケートを実施した。

まず「今、恋をしていますか?」と尋ねたところ、30代後半女性は26%が「恋をしている」と回答した。

「恋したいと思いますか?」という質問では、30代後半女性の46%が「思う」と回答。

「今、恋をしていないけど恋したい」と回答した女性にその理由を尋ねたところ、30代後半女性の一番多かった回答は「相手がいないから」(65名)だった。

「恋をしている」と回答した人にその相手を聞いたところ、30代後半女性で一番多かったのが「夫」、次いで「彼氏」だった。

また、恋のときめきについての質問では、30代後半女性の87%が「恋の“トキメキ”は自分を美しくしてくれる不可欠な要素」と回答している。

これは、他世代と比較しても若干高い割合となった。

続いて、毎日の充実度を尋ねたところ、30代後半女性のうち67%が「充実している」と回答。

そのうち「恋している」と回答した人が、「かなり充実している」と回答した割合は25%だった。

一方、「恋していない」人で「かなり充実している」と回答した人は16%と、10%近くの差があった。

恋愛と充実感は結びつきがあるようだ。

最後に「恋に対してのイメージ」を聞くと、一番多かった回答は「楽しい」で75%だった。

2位は「幸せ」で上位2位はいいイメージとなったが、3位以降は「面倒くさい」「つらい」「悲しい」といったネガティブなイメージが寄せられた。