トヨタ、SUV「RAV4」を一部改良して発売 - 新グレードも設定

写真拡大

トヨタ自動車は3日、SUV「RAV4」を一部改良するとともに、新グレード「STYLE”S Package”」を設定して発売した。

価格は、「STYLE」グレード2WD(FF)車が215万円、同4WD車が236万円、STYLE”S Package”の2WD(FF)車が230万円、同4WD車が251万円。

今回の一部改良では、車両安定性を確保するS-VSC(Steering-assisted Vehicle Stability Control)や、ヒルスタートアシストコントロール&ダウンヒルアシストコントロール制御システムを全車に標準装備。

また、ステアリングスイッチ(オーディオスイッチ)を標準装備し、利便性を向上させたとのこと。

新グレードのSTYLE”S Package”は、18インチアルミホイール(グレーメタリック塗装)やカラードオーバーフェンダーなどを装備したモデルとなっている。

エンジンは2.4Lの2AZ-FE(直列4気筒DOHC)、トランスミッションはSuper CVT-i(7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付))を採用。

乗車定員は5名。