映画『HUNTER×HUNTER』入場者100万名に0巻を配布、冨樫義博一問一答も収録

写真拡大

2013年1月12日(土)に公開されるアニメーション映画『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』の入場者100万名にコミックス『HUNTER×HUNTER』0巻がプレゼントされることが3日、明らかとなった。

収録される「クラピカ追憶編」は、本日12月3日発売の『週刊少年ジャンプ』1号と10日発売の2号に2週連続で掲載される特別読切。

原作者・冨樫義博が約10年前に描かれ未公開となっていた幻のネームから構成した合計63ページのオリジナルストーリーとなる。

物語は、劇場版へ連なるエピソードで、幻影旅団への復讐のためハンターとなったクラピカの過去が描かれている。

なお、0巻には「このネームがどういったきっかけで生まれたのか?」「幻影旅団で一番お気に入りのキャラクターは?」「今後、幻影旅団やクラピカはどうなるのか?」といった映画や原作に関する質問に冨樫が答える一問一答も収録。

ファンなら誰もが気になる質問に原作者自ら直筆で回答した貴重な内容で、0巻の装丁、ビジュアルも通常のジャンプコミックスと統一されている。