七五三の記念撮影、衣装はレンタルが6割、費用は半数が3万円未満と回答

写真拡大

ベネッセは10月24日〜11月2日にかけて、同社御茶ノ水ゼミナール会員で3歳〜14歳の子どもを持つ保護者を対象に、七五三についてのアンケートを実施した。

有効回答数は2,307。

まず、子どもの七五三のお祝いを、3歳、5歳、7歳のどの時点で行ったか(行う予定か)尋ねた。

「3歳」「7歳」のお祝いを「行った(行う予定である)」という声は、「女子」の保護者の9割に対し、「5歳」のお祝いを「行った(行う予定である)」という声は、「男子」の保護者が9割近く。

子どもの性別によって、お祝いをする年齢は異なるようだ。

た。

次に、七五三の準備・手配の時期について尋ねると、「2カ月以上前から」と回答した割合が44.0%と最も高かった。

次は「1カ月ほど前から」で33.2%。

1カ月以上前から準備・手配を始める家庭が、8割近くを占めるという結果になった。

お参りの時期については、「11月初旬」と回答した割合が42.1%で最も高かった。

以下、「11月中旬」で20.9%、「10月下旬」が10.7%で、7割が10月下旬から11月中旬にお参りを行うようだ。

2012年にお祝いをすると回答した人に、具体的なお参り(予定)日について尋ねると、「11月15日」が最も多かった。

また、お参りの場所について尋ねると、「近所の神社」が50.9%を占めてトップ。

次いで、「昔からなじみの神社」が23.6%、「人気の神社」が15%だった。

続いて、七五三の記念撮影について質問。

撮影をいつごろ行ったか尋ねたところ、49.8%が「お参りより前」と回答した。

お参り当日と回答した人は39.4%。

「七五三シーズンは撮影費が高くなるので、お参りより前に済ませた」「お参り当日に撮影したが、混雑を避けるために早めに予約をした」などのコメントが寄せられた。

写真撮影の時の衣装は、スタジオや専門店でレンタルした人が61.4%とトップ。

購入した人は16.8%にとどまった。

購入・レンタルの費用について尋ねると、「1万円未満」が最も多く30.7%。

続いて「1〜3万円」が24.3%だった。

半数以上の人が、3万円以内で衣装を用意していることが明らかとなった。