駅長体験や夢のような出来事をリアルに体験!小田急百貨店・新春恒例”夢袋”

写真拡大

11月29日、小田急百貨店による「2013年小田急新春夢袋」の内覧発表会が行われた。

同百貨店の新年恒例行事ともいえるこの企画では、毎年アイデアを凝らした新企画が続々登場。

今年も、バラエティー豊かなたくさんの「夢」が用意されている。

車掌さんや駅長さんになりたい人の夢をかなえてくれるのが「小田急線 新宿駅1日駅長夢袋」だ。

小田急線新宿駅にて、1日駅長を体験できるという、まさに同百貨店ならではの企画。

来年で12回目の実施となるロングランの人気商品だ。

子ども用に特別に仕立てられた制服を着られるのはもちろん、朝の点呼参加や駅施設の裏側見学、さらに小田急ロマンスカーの出発指示合図を任されたり、喜多見の車両基地にて運転手の仕事に触れるチャンスもある。

更に、体験終了後は家族そろって小田急百貨店新宿店本館14階「なだ万賓館」のランチにご招待。

付き添いの家族もともに、楽しい時間が過ごせる。

価格は1万円で2組限定(小中学校の子どもを含む家族4名)。

実施は来年1月下旬を予定しているとのこと。

応募については、新宿店本館1階中央口もしくはハルク1階正面入り口にて、12月26日から1月3日までの受け付けとなる。

また、「お子さまの”ハレの日”をるーちゃんがお祝い!夢袋」というのも販売している。

「るーちゃん」とは、新宿店こども服フロアの人気キャラクター。

初登場から10年たった現在まで、彼のまわりには常に子どもたちが集まってきた。

この夢袋では、そんな人気者を独り占めできるもの。

売り場を飛び出したるーちゃんが、卒園式や誕生会などに出張し、子どもの”ハレの日”をめいっぱい演出してくれるのだ。

さらに、スペシャルゲストとしてシンガーソングライターのおおもと友子さんが、歌や踊りで盛り上げる。

2013年卒園の子どもを対象に、限定1名(パーティーなどの場合、参加者は20名まで可)で、価格は2万円。

応募期間は12月18日から新年1月3日まで。

「るーちゃんは東京近郊ならどこでもOKですので、ぜひ呼んであげてください。

お子さまへのお土産も用意させていただきますよ」(新宿店夢袋担当スタッフ)同百貨店ではほかにも、「江ノ島水族館 家族みんなで夜の探検隊」など、体験型の夢袋を販売する。

今回紹介する夢袋はいずれも、事前に応募した人の中から抽選の上、販売される。