ハロー・キティ 原宿の個性派レッグウェアとコラボで8頭身美女に

写真拡大

 「FOREVER 21(フォーエバー21)」や「PAUL & JOE SISTER(ポール & ジョー シスター)」、「EVANGELION(ヱヴァンゲリヲン)」、ワンピースなど、様々なジャンルとコラボレーションしてきたハロー・キティが、レッグウエアブランド「MAM AVANTGARDE(エム エー エム アバンギャルド)」とタッグを組んだ。原宿に個性派レッグウェアショップを構える同ブランドは、ハロー・キティを8頭身美女にアレンジ。これまでにはないセクシーなハロー・キティが誕生した。

ハロー・キティと原宿レッグウェアがコラボの画像を拡大

 「MAM AVANTGARDE」は、世界で最も長いモヒカンに認定されているAZUHIRO氏が運営しているレッグウェアブランド。オンラインでの展開に加えて、2011年10月には東京・原宿にアトリエ1体型のコンセプトショップ「AVANTGARDE(アバンギャルド)」をオープンした。オリジナルブランドから海外ブランドまで、個性派レッグウェアが揃うことから、"原宿系"のみならず様々な女性が来店し、タトゥストッキングの全盛期となった夏季には月の販売枚数は1万5000足と、好評を得た。関西や九州などに期間限定店舗を出店しており、12月20日にはAZUHIRO氏の生まれ故郷札幌に2号店をオープンする予定だ。

 ハローキティのレッグウェアは、ディズニーとのコラボレーションに続くキャラクターレッグウェア第二弾。セクシーな8頭身美女こと「セクシー・キティ」は、キティの覆面をかぶり、ボディコンシャスなボディースーツに身を包んでいる。「MAM AVANTGARDE」のチームが書き起したというオリジナルのイラストがベースとなっており、ちょうどふくらはぎに全身のセクシーキティが位置するタトゥストッキングに仕上げられている。この他、定番のクラシックなキティをはじめ、3Dで描かれたキティやなどをモチーフにした、ボーダー柄や総柄のストッキングやタイツを全20型展開。価格はストッキングが2,520円、タイツが3,150円。