キリンビール元社長 
松沢幸一 
1948年、群馬県生まれ。県立館林高校卒。北海道大学農学部卒業後、73年同大大学院修士課程修了。同年キリンビール入社。主に生産技術部門を歩み、ドイツへの留学も経験した。生産統轄部長などを経て、09年〜12年3月社長。

写真拡大

「おまえたち、この本を読んでみろ」。たしか、私が北海道大学2年生のとき、つまり1969年に、教授から講義中にこう勧められたのが『沈黙の春』でした。

アメリカのアポロ11号が月面着陸を果たすなど、当時は“科学万能”と考えられていた時代でした。西側先進国の生活はどんどん豊かになり、なかでも日本は工業技術をベースに突出した経済成長を遂げていました。『沈黙の春』は、科学万能という人類の考え方に警告を発した、という点で大きな意義をもつ書であると思います。

著者のレイチェル・カーソンは、海洋生物学者。62年にアメリカで初版が刊行されました。DDTをはじめとする農薬や化学物質を使用する危険性に、実地のデータを基に警笛を鳴らしたのです。事例は米国内だけではなく、日本の板橋など世界で発生したことが、盛り込まれていて幅広い。

「20世紀というわずかな間に、自然が破壊されていく」「化学薬品は、放射能に勝るとも劣らぬ禍いをもたらし」と、この本は訴えています。

群馬県南東部の千代田町で生まれ育った私は、子供の頃から豊かな自然に囲まれていました。ところが、私が高校生になる頃には、農薬の大量散布が原因なのか、田んぼにいたカエルやヘビは激減していた。それだけに、動植物が化学物質により失われてしまうと指摘したこの本は衝撃でした。

単に、経済成長だけを目指すことの危険性、環境問題の重要性、そしてCSR(企業の社会的責任)などを、私が最初に意識したきっかけがこの本だったといえましょう。

例えば、洋の東西を問わず、古代から現代まで、人間は自分たちのために木を切ってきました。ところが、伐採の結果として地球の砂漠化と温暖化が進んでしまう。人間が自分たちの都合を優先すると、自然環境は簡単に破壊されていくのです。経済合理性、そして科学万能を前面に押し出すと、化学物質にしても誤った使い方をされてしまう。人は昔から、“愚かなこと”を繰り返してきたわけですが、人と自然との共生がいまほど求められる時代はありません。

もともと私は、南極越冬隊に参加したくて北大に進学しましたが、途中で「自分は地球物理学よりも生物科学系が向いている」と判断して農学部に進みました。時代的にはちょうど、日本が猛烈な経済発展を遂げる一方で、公害が社会問題化してきた頃。さらに学園紛争が全国に広がり社会全体が混沌としていました。現実に、70年にはいわゆる公害国会が開かれ、公害問題に関する法整備がなされ、71年に環境庁(現在の環境省)が設立されます。

日本においても、社会の転換点における本書の役割は大きかったのでは、と考えます。

もっとも、北大に入った私は、サッカー部に所属。ポジションは当時でいうセンターフォワードでしたが、練習に専念するあまり、実験などは友人たちに任せきりだったのです。いまでも、級友たちと集まると、「いつ勉強していた」「いつ本を読んでいた」とよく聞かれます。札幌は冬になると、グラウンドが雪一面で覆われる。本書は大学の生協で購入し、練習ができない冬場に読んだと記憶します。

あれから40年、10年10月には「COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)」が、名古屋で開かれるのは、皆さんご存じでしょう。環境先進企業として環境相が認定する「エコ・ファースト企業」に、キリンビールは入っていて、さらに、エコ・ファースト企業で構成するエコ・ファースト推進協議会が発足し、私が初代の議長を務めます。COP10に向け、協議会として何をやろうかと、現在は検討中でもあるのです。(※雑誌掲載当時)

DDTを完全否定した『沈黙の春』はDDTのマラリアに対する有効性などをめぐり、その後の評価は2転3転していきます。しかし、21世紀の大きなテーマである生物多様性に通じる面はある。豊かな生態系、多様な自然環境と向き合いながら、企業活動に何が求められていくのか、考えさせられる1冊です。

司馬遼太郎著『街道をゆく オランダ紀行』は、私がドイツで生活した際にオランダ人と接して、「なるほど」と思えた1冊です。私は78年から80年に留学で、96年から2001年にはキリンヨーロッパ社社長として、それぞれドイツのベルリンとデュッセルドルフに住んでいました。

留学当時は東西冷戦のさなか。街にはベルリンの壁がそびえ立っていました。そこで目にした東西の格差には、大きな衝撃を受けたものです。政権の違いで、こうも差が生まれるのかと。東側にはとにかくモノがなく、あっても、本であればわら紙のような、質の悪いものばかりでした。

そのドイツ同様にビールを愛する隣国のオランダは、辺境の地にあり、人口も少ない(現在は約1659万人)小国です。17世紀にスペインから独立し、大国であるフランス、イギリス、ドイツに囲まれています。

こうした逆境ともいえる立場に置かれているからこそ、オランダ人は昔からクリエーティブであり、たくましい。

人種差別は昔からないし、周辺の大国のような母国語へのこだわりもない。「ネーデルランド(低い土地)」と、平気で自国を称し、巨大な堤防を築く。小国主義に徹し、他者を認める包容力を有する。さらに、商業と航海技術がオランダの合理主義を育てたと、著者は説いています。

何より、商人が集団で出て行くところが、オランダの強さであり、したたかさです。出資者を募る会社組織の仕組みを、世界で初めてつくり上げたのも、オランダ人でした。その典型は17世紀のオランダ東インド会社に見られますが、イギリスはこれを模倣してその後、繁栄していくわけです。オランダなくして、“大英帝国”の栄光はなかったのではないでしょうか。

ビールでは、ハイネケンが世界的に有名です。オランダ国内にいくつもあったビール会社が大同団結して、ハイネケンとして1つにまとまった。そして、世界に打って出たのです。

国内市場が大きい大国のドイツでは、まとまることができなかったのとは、対照的な動きです。いまでもドイツ国内には、中小のビール会社がいくつもあるわけですが、国際化からは完全に乗り遅れてしまった。『オランダ紀行』では、オランダ外務省発行の小冊子からの引用で、「“日本語の中にあるオランダ語”として、一番古い(1724年)言葉はビール(オランダ語のbier)」と紹介されています。これも、ビールに携わる者としてはたいへん興味深い。

厳しい時代もありました。17世紀に繁栄していた頃のオランダは、人口は200万人台でありながらヨーロッパ随一の国民所得を誇っていたそうです。ところが、これが大国の嫉妬を招く。500万人いたイギリスからは戦争を2度も仕掛けられ、さらに2000万人のフランスからは侵略を受けたのです。

それでもオランダは、たくましくしたたかに、今日まで頑張っている。少子高齢化が急速な日本にとって、オランダに学ぶ点は多いと思います。

特に、技術面で潜在力はあるものの停滞している日本の農業。政府と一体となった乳製品のブランドづくりなど、オランダから導入したらいいと思える点はたくさんあるのです。個人的に、将来の日本のモノづくりは、規格化された工業製品の大量生産ではなく、農産品を含め安全で質の高い製品を世界に売る形に向かうべきだと考えます。

■松沢幸一氏厳選!「役職別」読むべき本

部課長にお勧めの本

『武士道』新渡戸稲造著、岩波文庫

日本人はどう生きていくべきか、著者の思想がつまった深く考えさせられる一冊。

『坂の上の雲』司馬遼太郎著、文春文庫

『トヨタ生産方式』大野耐一著、ダイヤモンド社

『真実の瞬間』ヤン・カールソン著、ダイヤモンド社

若手、新入社員にお勧めの本

『「武士道」解題』李登輝著、小学館文庫

『昭和史』半藤一利著、平凡社ライブラリー

第二次世界大戦の記憶・記録が風化しつつある昨今、昭和の歴史を知っておくことはためになる。

『海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年』塩野七生著、新潮文庫

『もののかたり』梅原 猛著、淡交社

※すべて雑誌掲載当時

(永井 隆=構成 相澤 正=撮影)