写真は、「贅沢フィレステーキバーガー」

写真拡大

ロッテリアは2012年11月29日、「贅沢(ぜいたく)フィレステーキバーガー(トリュフソース仕立て)」と「贅沢海老(エビ)バーガー」を発売した。

高級部位「テンダーロイン」使用

「いい肉」の日である11月29日に合わせて、2種類のハンバーガーが登場。

「贅沢フィレステーキバーガー(トリュフソース仕立て)」(単品1129円)の主役となるパティには、肉牛1頭あたり約3%しか取れないという高級部位であり、脂肪が少なくやわらかい赤身肉の「フィレ(テンダーロイン)」をローストビーフ仕立てにして使用する。味の決め手となるソースは、世界三大珍味のひとつである黒トリュフのみじん切りに、香りを引き立たせる白トリュフオイルなどを加えた「トリュフクリームソース」だ。

「贅沢海老バーガー」(単品580円)は、大エビ2尾、小エビ1尾をひとつひとつ手作業で並べて成型・衣づけし、フライした手作り感あふれるパティを使用する。ソースは、オマールエビのエキスにトマトペーストやクリームなどを加えた、まろやかな「アメリケーヌソース」だ。

両商品とも材料に1等粉を使用し、手丸め風工程を採用したバンズを使用する。