日本の匠によるKRUGボトルクーラー 第2弾は竹籠

写真拡大

 MHD(モエ ヘネシー ディアジオ)が、高級シャンパーニュ・メゾン「KRUG(クリュッグ)」の代表的シャンパン「クリュッグ グランド・キュヴェ」と日本の伝統技法を掛け合わせた「クリュッグ バンブーボトルクーラーセット」を販売する。葡萄の雫を竹で表現したというボトルクーラーは、東京・名古屋・大阪の主要百貨店で2月20日から取り扱われる予定。

竹製の「KRUG」ボトルクーラーの画像を拡大

 「クリュッグ バンブーボトルクーラー」は、竹籠の内側に鋳物を入れ込んだつくりが特徴。ティアドロップを竹でかたどり葡萄をイメージしたというカラーで"自然と人の調和を象徴した"アウターは、国を代表する文化財を複数手がけ海外でも活動する「竹又 中川竹材店」の10代目中川正次氏と弟の利春氏が制作。ボイド型の鋳物製インナーは高岡銅器の魅力を仏具やインテリア商品などから伝える企業「能作」の能作克治氏が手掛け、外面の完全鏡面磨きや内張りの金箔仕上げなどを施し熟練職人ならではの鏡筒が完成した。

 「KRUG」は2011年から日本の伝統技法で究極のボトルクーラーを制作するプロジェクトをスタート。第1弾では新潟県燕三条の無形文化財・鎚起銅器「玉川堂」が「クリュッグ鎚起銅器ボトルクーラー」を制作。約2世紀の歴史をもつ両メゾンの技を融合したボトルクーラーセットは、2011年3月の発売前から話題となっていた。今回の「クリュッグ バンブーボトルクーラー」は同プロジェクトの第2弾となる。

■クリュッグ バンブーボトルクーラーセット
 価格:105,000円(税込)
    (クリュッグ グランド・キュヴェ750ml 1本/ボトルクーラー)
 発売日:2013年2月20日(水)数量限定発売
 取扱店舗:主要百貨店(東京・名古屋・大阪)