大槌高校の4人。左から東紗希さん、菊地真央さん、柏崎繭さん、古舘笑海さん。

写真拡大

■ 大槌—ケアマネジャーになりたい

岩手県上閉伊(かみへい)郡大槌(おおつち)町は、北に大槌川、南に小槌川と、北上高地から流れる2つの川に南北を挟まれ、東は太平洋に面した三陸の町だ。海からは鮭が遡上し、豊かな湧水が淡水魚のイトヨを育む。大槌川の北には井上ひさし『吉里吉里人』(1981年)の舞台としても知られる集落があり、湾内には井上が脚本を書いた人形劇「ひょっこりひょうたん島」のモデルとなった蓬莱島が浮かぶ。

震災前の人口は15994人。802人が亡くなり、505人が行方不明となった。昼のチャイムに「ひょっこりひょうたん島」のテーマソングを流していた町役場ごと、中心市街地は津波に呑み込まれた。

「家は高台にあり震災の被害を受けなかったので、震災前と同じ家に住んでいます。ただ、家の少し下の所まで津波が押し寄せたので、私が住んでいる家の周辺は孤立しています」

岩手県立大槌高等学校2年生の東紗希(あずま・さき)さんが語る。大槌川を少し遡った高台にある大槌高校は津波の被害を免れた。 学校敷地の先端部からは、大槌の町と三陸の海が見下ろせる。 被災直後は、病院から金融機関まで、町の中心機能がこの高校に置かれ、校庭は自衛隊のベースキャンプになった。同校から「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」に参加した4人に話を聞いた。大槌高校卒業生の進路は進学と就職が半々だという。東さんは、就職を希望している。

「TOMODACHI〜」に参加し、初めて行った合州国の印象を訊く。東さんの視線は、孫正義がビデオメッセージで語った「カリフォルニアの青い空」とは逆の角度に向けられていた。

「ホームレスがいっぱいいたこと。親子のホームレスもいれば、犬を連れている人もいて。アメリカは日本より進んでいると思ってたので、ホームレスはいないと思ってたんです」

東さんが就きたいと思っている仕事はケアマネジャー(介護支援専門員)だ。

「いろいろなことに挑戦してみたいけれど、地元の介護施設でケアマネジャーができれば。小学校5年生のときに祖父がリハビリ施設に入って、祖父のケアをする人たちを見て、介護の仕事、いいなと思ったのがきっかけです。いろんな人と触れあえるのがいいなって。わたし、おじいちゃんやおばあちゃんと話すの、好きなんです」

ケアマネジャーは合格率15.3%(注:本連載での資格関連の数値は、成美堂出版『最新最強の資格の取り方・選び方全ガイド '14年版』より引用)の難関。2000年4月の介護保険制度施行に伴い誕生した仕事だ。寝たきりや認知症などで介護を必要とする人や家族からの相談に応じ、適切な介護サービスを受けられるよう介護サービスメニューを作成する。介護保険施設には最低1人はケアマネジャーを置かなくてはいけない。都道府県が実施する介護支援専門員実務研修試験に合格し、実務研修修了後に登録される。つまり、高校を卒業してすぐに取得できる資格ではない。東さんはどういう順序でケアマネジャーになろうと考えているのか。

「障がい者支援施設への就職を希望しています。でも、障がい者支援施設でも、介護支援専門員の資格を取れるかどうか、まだはっきりとわからないんです……。取れるのであれば、取りたいです! チャンスがあれば、ホームヘルパー等の資格も取得して、自分の仕事の幅を広げて行きたいです」

この回答は取材後にメールで質問し、東さんから得たものだ。連載全体を通して高校生たちとはSNSやメールでのやり取りを重ねた(その多くが原文にフェイスマークや機種依存の絵文字を多用している。高校生らしさ全開の文面は読んでいて楽しいのだが、ウエブ表示の限界とすでに高校生ではない読者の便を考え、文意を損ねない範囲でこちらの判断で字面を変えていることをお断りしておく)。東さんはこう書き添えている。

「ちなみに私が希望している施設の仕事内容は生活介護全般、食事・入浴介護です。職種は生活支援員です」

「生活支援員」は国や自治体が管理する資格ではなく、それぞれの障害者施設が求人を出し、採用する職の名称だ。採用され、施設で実務経験を積むと、国家資格である介護福祉士(合格率63.9%)、社会福祉士(同26.3%)の受験資格を得ることができる。難関のケアマネジャー資格はその上位に位置する。東さんに、ケアマネジャーになるには何を手に入れないといけないと思うかを訊いてみた。

「体力つけなきゃ(笑)。ケアマネ自体はたぶん、そんなに体力はいらないと思います。『体力に自信がなくてもできる仕事』と言われているそうなので(笑)。ただ、私は福祉の仕事は体力があった方がいいと考えています。体力があったほうが行動範囲も広がると思います。時間がある時には施設にも行って、直接、利用者の方と触れ合い、心のケアもできる人になりたいです」

「時間があるときには〜」は補足が必用だろう。東さんは介護施設の事務室の中で「頭脳労働」だけをしたいとは思っていないということだ。そこには彼女の体験がある。

■大槌—おばあちゃんの喧嘩

「初めてボランティアで介護施設に行ったとき、おばあちゃん同士の喧嘩を見たんです。口喧嘩ですけど、テーブルを叩く場面もありました。その時は介護ボランティアの経験がなくて、そういった場面に直面したことがなかったので、どうしたらいいのか、わかりませんでした。人って、喧嘩をしているとき、周りが見えなくなってしまうと思うんです。とりあえず『止めなきゃ!』と必死に声をかけたんですけど、まったく止められず……。結局、近くにいた職員の方がおばあちゃんの肩をさすりながら笑顔で優しく声をかけてその場は収まりました。その時、ただ声をかけるのと、触れ合いながら声をかけるのではまったく違うんだなぁ、と思ったんです。

あのとき、正直、私はびっくりしてしまって、笑顔で話しかける余裕なんてありませんでした。そんな時でも笑顔で優しく声をかけることができる職員の方は、本当にすごいなぁと感じました。職員の方を見ていて思ったんですけど、会話って、相手から声をかけられるのを待っているんじゃなくて、自分から積極的に、笑顔で声をかけていかないといけない。私は話しかけるタイミングもわからなかった。最初は緊張して話しかけることもできませんでした。でも、自分から話しかけていかないと何も学べないと思って、勇気を出して話しかけました。おばあちゃん、笑顔で答えてくれて、本当に嬉しかった」

「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」の3週間で、東さんは目指す仕事に関わるヒントをひとつ手に入れている。

「自分の意見をちゃんと言って、人の話を聞いて……ということが大切だと気づいたことです」

「TOMODACHI〜」のテーマは"リーダーシップ"だった。被災地の未来を担うリーダーの育成が目的だ。その具体的なカリキュラムとして、高校生たちは期間中ほぼ毎日、午前中、課題の発見、解決方法の立案をグループごとに討議し、最後にプレゼンテーションするという経験をした。帰国後の高校生たちに話を聞いても、「故に、私はリーダーになろうと思いました」という反応はほとんどなかった。実際、リーダーというものは3週間のカリキュラムの中から誕生するものではないだろう。大事なことは、約3週間ぶっ続けで「課題の発見、解決方法の立案、プレゼンテーション」の実際を体験するというカリキュラムが、日本の高校生には新鮮な体験だったということではないか。人の話を聞き、自分の意見を言う。あの3週間でそれが大事なのだと気づいた。そう語った高校生は、この連載の中に何人も登場することになる。

プレゼンテーションを実地で学んだ体験は、東さんの部活動にもプラスの影響を与えたようだ。

「部活はインターアクト部です。ボランティアをやる部活です。まだまだ力が足りないので、たくさんボランティアに参加して成長していきたいです」

東さんは部長を務めている。インターアクト部は、学校単位で実施されているエコ活動のコンテスト「イオン eco-1(エコワン)グランプリ」の東北東ブロック代表校3校のひとつに選ばれ、11月24日に東京で開催された全国大会(最終審査)に出場した。出場前に送られてきたメールには「顧問の先生が今年で退職するので、恩返しができるように頑張ります」と添えてあった。残念ながら入賞は逃したが、壇上の東さんは、仲間と一緒にしっかりとスピーチをやり遂げた。会場のスクリーンには、インターアクト部と大槌高校が大槌町の各所に置き始めている花のプランターが写されている。そこには生徒の誰かが書いた「これからの大槌町は私たちに任せてください」という文字が見えた。

■イオン eco-1(エコワン)グランプリ
http://www.eco-1-gp.jp/index2.html

(次回に続く)

(オンライン編集部・石井伸介=文)